文部科学大臣、厚生労働大臣、経済産業大臣の三大臣は、8日、連名で245の主要経済団体、業界団体に対し、新規学校卒業者等の採用に関する協力要請を行った。

 今春の新規大学卒業者の就職内定率は91.8%で、ここ10年で最も厳しい状況だ。未就職大学卒業者は、 約6.6万人(前年同期2.9万人増)にのぼっており、来春の新卒予定者の就職環境も厳しい状況になると予想されている。

 そのため、新規学校卒業者及び未就職卒業者の採用枠の拡大、追加求人、大学及び高等学校等卒業後3年以内の未就職卒業者の新卒枠での応募受付等について協力を要請した。

【参加無料】 10月13日 『城繁幸氏 特別講演会』開催。予約受付中
就職できた60% 進学も就職もできず16%
就活を表す一文字 2年連続で「苦」

日本人材ニュースCarrera」は働く・学ぶ・遊ぶ・暮らす−キャリアニュースサイト。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。