総合人材サービスのアデコ(東京都港区、マーク・デュレイ会長兼社長)は、大学での就職支援講座の開講や合同企業説明会など、大学生と既卒者を対象とした就職支援を拡充した。

 就職支援講座では、教職員向けにコーチングやカウンセリングの講義、学生向けに履歴書の書き方や面接のトレーニングを実施する。保護者にも学生のキャリア形成や雇用情勢に関する説明会を開催する。2011年3月までに、全国100大学で講座を実施することを目標としている。

 また、新卒採用を計画している企業の合同説明会を毎月開催し、同社に登録した約1000人の就職活動中の大学生の内定獲得を支援する。1回当たりの参加企業は3社程度とし、学生が事業や仕事の内容を十分に確認できるようにする。

 未就業の既卒者向け支援や大学生の職業意識向上のためのCSR活動にも力を入れる。後藤剛広報宣伝部主任は「これまで培った人材紹介事業のノウハウとCSR活動の両面からサポートすることで社会貢献につなげたい」と力を込める。

【参加無料】 10月13日 『城繁幸氏 特別講演会』開催。予約受付中
2011年度新卒採用見込み、増加と減少ほぼ同数で採用拡大は限定的
進学も就職もできなかった大卒16%、就職率が下落

日本人材ニュースHRN」は人材採用・人材育成の専門紙。「中立公正」「確かな取材活動」で情報提供を行っています。