【懐かしいゲーム特集】「忍者くん阿修羅の章」(バーチャルコンソール版)

写真拡大

UPLの名作!「忍者くん阿修羅の章」は1987年に株式会社UPLからアーケード版としてリリースされたアクションゲームです。その後、1988年にファミリーコンピュータ版としてリリースされています。今回は「忍者くん阿修羅の章」についてご紹介いたします。
ゲーム内容
主人公「忍者くん」を操って、敵を全て倒す又は出口に入ることがゲームの内容です。
手裏剣や爆弾など多彩な武器を用いて敵を倒すことが出来ます。
一見すると地味ですがそのアクション性について当時のコアなゲーマーに人気を博しました。
※個人的なプレイ感覚でいえば「バブルボブル」に似ています。特に操作感覚がかなり柔軟だったのが印象的でした。
ジャンプアクション!
「忍者くん」が高いところを登るために使うテクニック「三角飛び」が気持良いです。また見た目がかっこ悪いですが「かべ登り」という方法もあります。

ルート選択!
ルートの選択により難易度がかなり変わりますが、その選択画面が何と花札です。当時のゲーマーはそのインパクトのある演出に驚きました。
※当時、「源平討魔伝」の影響からか和風なゲームと演出が流行していたことを付記します。
株式会社UPLについて「忍者くん」シリーズ「アトミックロボキッド」などアクションゲームの良品を多くリリースしていた株式会社UPLでしたが、残念ながら1992年に倒産してしまいました。

しかしながら「忍者くん」シリーズは株式会社ジャレコに引き継がれ「忍者じゃじゃ丸くん」シリーズとしてスピンオフ作品が多数リリースされております。
※写真は「忍者じゃじゃ丸くん」

自分の好きなゲームがシリーズ化されていく、ファンにとって我が子の成長のように嬉しいことです。


▼外部リンク

忍者くん阿修羅の章」(バーチャルコンソール)
忍者じゃじゃ丸くん(バーチャルコンソール)

■関連記事
通常の3倍!味噌の彗星『サッポロ一番 濃い味みそラーメン』
【珍事件】出会い系サイトで知り合った"男の娘"とディープキス⇒舌を噛み切られる
パナソニックの携帯ゲーム機『The Jungle』
【斉藤アナスイの挑戦】ノーベル賞はどうしたらとれるのか?
PS3『ワールドサッカー ウイニングイレブン2011』先行体験会が開催