(株)タジマの「2010タジマ商品展示会」が10月5日から4日間、同社東京ショールームにて開催され、18品目のエコマーク認定商品をはじめ、タジマの環境への取り組みなどを披露した。
「‘もったいない’Pタイル屋のエコ仕事〜地球のためにできること〜」がテーマだけに、40数年前からの再生原料を活用している様子や、工場でのスクラップから再生への加工写真などのパネルに、現物も交えて会場演出。エコの仕事として、(1)長寿命化床材、(2)イージーメンテナンス品、(3)グリーン購入適合品、エコマーク認定商品などをあげた。
1階はカーペットタイル、2階はビニル床を中心に展示。環境問題対応の発泡ビニル床シートの新商品「エコ・ディライトEM」や18品目のエコマーク認定商品(本紙既報)などが注目された。また、近日発売のビニル床タイルの紹介もあった。