【斉藤アナスイの挑戦】ノーベル賞はどうしたらとれるのか?

写真拡大

北海道大学名誉教授の鈴木章氏、米パデュー特別教授大学の根岸英一氏。2010年10月6日、2人の日本人が「有機合成におけるパラジウム触媒クロスカップリング」でノーベル化学賞を受賞しました。実に素晴らしいことです。本当におめでとうございます。

さてこのノーベル賞、これまでにも多くの日本人が受賞しているわけですが、例えば僕のような一般人でも挑戦することは可能なのでしょうか。


まずはどの分野を攻めるか
まずどの分野で挑戦するかを決めなければなりません。
ノーベル賞は、

物理学賞
化学賞
生理学・医学賞
文学賞
平和賞
経済学賞


の6部門に分かれています。
なるほど、物理学賞と化学賞は難しそうですね。まず物理学と化学の違いすらわからない僕に受賞の可能性は皆無でしょう。僕文系ですし。理系の人なら攻める価値はあるんじゃないでしょうか。

では生理学・医学賞。昔からよく「風邪の特効薬を開発すればノーベル賞をとれる」と言われています。なんでも、風邪というのはいまだに原因が特定されてないらしいんですね。え?でも大学時代の友人に「エドモンド」っていうあだ名の人がいたんですけど、彼の家では16度でも「暑ぃー」とか言ってクーラーガンガンつけてたんですよ。それで僕風邪ひいたんですけど、原因、彼じゃないですかね?与える特効薬はYASAI(野菜)です。あ、そうゆうことじゃない。じゃあ無理です。

平和賞は国際平和や環境保全に貢献した人が受賞できるということです。ちなみに2009年の受賞者はバラク・オバマなんですね。それ知って諦めました。話がでかい。

2009年経済学賞の受賞者は、アメリカのエリノア・オストロムとオリヴァー・ウィリアムソン。受賞理由は「経済的なガヴァナンスに関する分析を称えて」とのこと。財布に80円しか入ってない僕にはまず無理ですね。

で文学賞。狙うとしたら、ここかなと。

皆さんが挑戦するとしたらどの分野になるでしょうか。僕は一応ライターなので、一応ノーベル文学賞に絞ってみます。

ノーベル文学賞はどうしたら受賞できるのかノーベル文学賞とは重みが違えど、僕には近所の神社で募集してた「牛乳川柳」で銅賞受賞した過去がありますからね。そしてやっぱり文章で食べている人間として、負けられないところもあるわけです。さて日本での受賞者は川端康成と大江健三郎の2人だけ、と。なるほど、無理ですね。だって日本にもちょー面白い文章書ける人いっぱいいるのに。2人て。

Wikipediaによれば、人類の進歩や発展に貢献する創作を書いた人が受賞できるらしいです。たぶん。じゃあもうWikipediaが受賞しちゃえばいいのに。人じゃないからダメなんですかね。創作でもないか。

もちろん世界中の文芸作品すべてに目を通すことは不可能なので、各地の国際ペンクラブからの推薦が基本になります(日本なら日本ペンクラブ)。それを更にスウェーデン学士院が選考するというのが受賞までの流れ。

ということはまず日本ペンクラブの会員になるのが必須なわけですが、会員になるには、現会員2人からの推薦が必要…さすがはノーベル賞、険しい道のりですね。今の僕では絶対誰にも推薦してもらえません。あーペンギンクラブなら仲良くできる自信あるんだけどなぁ。

…詰みました。

というわけで、今のままの僕では、到底ノーベル賞には届かないことがわかりました。やはり努力に努力を重ね、研究に研究を重ねていく必要があるようです。そんなノーベル賞を受賞した、鈴木さんと根岸さんは本当にスゴい!!

(テキスト&イラスト 斉藤アナスイ)










■関連記事
パナソニックの携帯ゲーム機『The Jungle』
エヴァ×フリクリ『ヱヴァクリ展@PARCO』
金曜ロードショー『ルパン三世 カリオストロの城』はリモコンのdボタンをプッシュ!
AKB48の2トップをフォーカスしたモバイルサイト『AKB48大島優子モバイル』・『AKB48前田敦子モバイル』がOPEN
アニメ『ヨスガノソラ』DVD/BDが12月リリース