ソフトバンクが最新のAndroid 2.2搭載スマートフォン『HTC Desire HD』を発表

写真拡大




ソフトバンクは、最新のAndroidOSであるバージョン2.2をプリインストールしたスマートフォン『HTC Desire HD SoftBank 001HT』を11月上旬以降に発売することを発表しました。10月15日から予約受け付けを開始します。

Android 2.2から対応する『Flash Player 10.1』により、パソコンと同様にウェブコンテンツの利用が可能。ユーザーインタフェースは、最新の『HTC Sense 2.0』を採用。

本体は4.3インチのワイドVGA液晶を搭載し、800万画素のカメラによるハイビジョン動画の撮影に対応します。CPUは1GHzの『Snapdragon』。DLNA(Digital Living Network Alliance)に対応し、撮影した動画や写真を自宅のテレビなどで手軽に楽しめます。

ソフトバンクは従来機『HTC Desire SoftBank X06HT』と『HTC Desire SoftBank X06HTII』向けに、10月8日からAndroid 2.2へのアップデートを実施予定。NTTドコモは10月下旬に、国内では初めて2.2をプリインストールした『GALAXY S』を発売します。auは11月下旬に発売する『IS03』について、発売後6か月以内に出荷時の2.1から2.2へのアップデートを公表しています。3キャリアでいよいよ出そろうAndroid 2.2搭載スマートフォン。ユーザーの選択肢も広がり、日本でもAndroidのシェアが拡大していきそうです。


■関連記事
ソフトバンクのAndroidスマートフォン『HTC Desire』が10月にAndroid 2.2にアップデートを予定 Flashにも対応可能に
『Android au』第1弾となる『IS03』を発表 『おサイフケータイ』にも対応する“1台持ち”に向けたスマートフォン
最新のAndroid 2.2を搭載したドコモのスマートフォン 4インチ液晶の『GALAXY S』とタブレット型の7インチ『GALAXY Tab』の2機種を発表
SoftbankがFlashに対応したAndroid2.2の提供を発表 『ニコニコ動画』も見れるように
【CEATEC JAPAN 2010】注目のAndroid電子ブック端末『GALAPAGOS』をシャープが出展