本当にあった恐ろしいブラック会社の話

写真拡大

 やる気に満ちて転職した会社が実はブラック会社だったら、あなたはどうしますか?
 エムさん(女性・仮名)が転職した先のベンチャー企業の上司にこんなことを言われたのです。


「部下が一人でも残っている場合、帰宅するのは厳禁です。明日からあなたの定時は夜の11時です。」

「仕事に男女は関係ありません。たとえ夜道でレイプされたとしても、この会社に入るのを希望したという、本人の選んだ道だからしょうがないでしょう。」

「あなたの部下を恋人と別れさせてください。」

「休みは許しません。認めません。這ってでも出社してください。休むなら欠勤届と一緒に退職届を出してください。」

「100時間以下は残業とは言いません。」

 そこは職場における上司の意見は「絶対」「法律」だという、とんでもない会社でした。
 サービス残業、残業時間改ざん、パワハラ、セクハラ、はなんでもあり。土日出勤は当たり前、帰宅は毎日深夜、お昼ご飯もとらせてもらえないという過酷の状況の中で頑張り続けたエムさんは結果、くも膜下出血で倒れてしまいます。しかし副社長が言った言葉は「あなたが勝手に倒れたんです。会社のせいにされても迷惑です!」


 『リストラ・ウォーズ』(エム/著 マガジンハウス/刊)はそんな激務のあげく倒れ、結果的にリストラされたエムさんが会社に対する逆襲を行うまでの壮絶な記録。こんな会社本当にあるの?というホラーよりもおそろしい現実社会の話。しかしいつ自分に降りかかるかもわかりません。会社との戦い方、参考になりますよ。
(新刊JP編集部 川口絵里子)


【関連記事】 元記事はこちら
やりたいこと、理想を求めるだけでは就職活動は成功しない―企業に求められるはどんな人なのか
就職率最低の時代でも企業が欲しがる学生の特性を探れ!電通の人事局に突撃!
“バカヤロー”と叫びたくなる就職活動の実態とは?―【書評】『就活のバカヤロー』

【新刊JP注目コンテンツ】
影の軍隊は実在した!(新刊ラジオ 第1246回)
極地戦でものを言う経営者の土台“運力”の徹底分析!(新刊ラジオ 第1245回)