【NANIOの閑話休題】『かんなづき』の由来 風雅な語源説の色々

写真拡大

(出雲大社)
『神無月』、出雲では『神在月』。 十月に入り、本格的に秋めいてきましたね。十月の古名は『神無月(かんなづき)』と呼ばれます。これには多くの語源説がありますが、もっとも一般的な謂われは、「八百万の神々が皆、出雲大社へ集まるから、神様がいなくなるという意味で『神無月』というものです。実際、出雲では逆に『神在月(かみありづき)』と言うようです。
季節感に基づく諸説がたくさんあります。 ただ、これはひとつの説にすぎず、調べてみると、本当にいろいろな説があります。江戸時代のある国学者は、「雷が鳴らなくなる月、と言う意味だろう」と言っています。つまり「カミナリ鳴らない月」が詰まって「かみなり無し月」→「かみなづき」→「かんなづき」となった、ということでしょうか。これはちょっと無理があるような気もしますが…。
 また、やはり豊穣の秋に因んでの由来も数多くあります。新穀のお酒が出始める時期でもありますから『醸成月(かみなんづき)』だとか、五穀の収穫を感謝する祭儀が行われるので『神嘗月(かんなめづき)』から来ているという説も。
芸術の秋を感じる、ひときわ風雅な説 でも、諸説あるなか、ひときわ風雅な説があります。昔、雅楽には『十二律』という、文字通り十二の音階があって、その十番目が『上無(かみむ)』という音だったそうです。ここから十月を『上無の月』と呼んだから、という説。芸術の秋に似合う、叙情的な説じゃありませんか?
 いずれにしても、日本古来の神様への信仰や神事にまつわり、豊穣への感謝の思いが込められている呼び名なのでしょうね。シンプルに『神な月(神の月)』なのだ、という説もあるほどですから。
【文/NANIO】

▼外部リンク

写真提供元:フォトライブラリー



■関連記事
10/15〜渋谷パルコで『荒川アンダーザブリッジ展@PARCO』
電車内で下半身を放電していた男が女の子に叱責される
カルビーのコンビニ専売商品『ポテトチップス W(ダブル)リッチチーズ味』
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』×『ピザハット』プレゼントキャンペーン実施中
【斉藤アナスイの裏芸】哲也もビックリ!10分でわかる麻雀のイカサマ