【CEATEC JAPAN 2010】ちょっとドキドキする! 3D美女がカメラ目線であなたに迫るシャープのモバイル3Dカメラ展示

写真拡大




10月6日から9日にかけて千葉・幕張メッセで開催している家電・ITの国内最大の見本市『CEATEC JAPAN 2010』。シャープブースでは、スマートフォン型モバイル3Dカメラのコンセプトモデルを出展中。ブースデモでは、目の前のモデルさんがカメラ目線で写っている3D映像を、リアルタイムに3Dテレビで立体視できるという、ちょっとドキドキする演出が楽しめます。

※写真が一部しか表示されない場合はこちらをご覧ください



固定された3Dメガネをのぞくと3D映像が楽しめます。テレビの奥にはモデルさんが
3D映像を撮影するとこうなってしまうんですよね……
ブースデモは、3Dテレビと固定された3Dメガネが設置され、3D映像を楽しめるというもの。モデルさんがカメラに向かって笑顔を振りまく映像が映し出されています。

カメラ目線で花束を差し出すモデルさん
棒が伸びるおもちゃが目の前まで迫ります
ここまではよくある3D映像のデモですが、実はこのモデルさん、テレビのすぐ後ろに置いたモバイルカメラの前でポーズをとっているのです。目の前でカサを回したり、花束を差し出したり、時には紙のロールがついた棒が伸びるおもちゃでおどかしたり。見ている人の反応を見ながらカメラ目線でポーズをとるので、なんだか見ている方はドキドキしてしまいます。

どう見てもスマートフォンを想定しています
カメラを見せてもらいましたが、どう見てもスマートフォンのような筐体に、2コのレンズが取り付けられた3Dカメラとなっています。ここから出力した映像がテレビに映し出されていたんですね。

カメラの液晶では裸眼立体視が可能!
カメラの液晶では、なんと裸眼で3D映像を楽しむこともできます。写真ではお伝えできないのが残念ですが……。製品化は未定だそうですが、近い将来3Dカメラと裸眼立体視対応のスマートフォンが登場することになるのかも。


■関連記事
【CEATEC JAPAN 2010】注目のAndroid電子ブック端末『GALAPAGOS』をシャープが出展
【CEATEC JAPAN 2010】ドコモから発売? パナソニックの『LUMIX Phone』が参考出展
シャープの電子ブック配信サービスが12月スタート 専用タブレット端末『GALAPAGOS(ガラパゴス)』も同時に発売へ
『Android au』第1弾となる『IS03』を発表 『おサイフケータイ』にも対応する“1台持ち”に向けたスマートフォン
最新のAndroid 2.2を搭載したドコモのスマートフォン 4インチ液晶の『GALAXY S』とタブレット型の7インチ『GALAXY Tab』の2機種を発表