アラン・ドロン、笹沢佐保、津川雅彦…デヴィ夫人が激動の半生と数々の逢瀬を告白

写真拡大

 タレントのデヴィ夫人ことデヴィ・スカルノさんが5日、都内で著書『デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨』(草思社/刊)の出版を記念した記者会見を行った。

 『デヴィ・スカルノ回想記 栄光、無念、悔恨』は今年で古希を迎えたデヴィ夫人が自身の生涯を振り返った自身初の自伝。戦争体験、貧しい家庭からインドネシアの大統領夫人へ、そしてパリへの亡命などの壮絶な人生を振り返った一冊で、「クーデタ―により汚名を着せらせた夫スカルノの汚名を晴らしたい」と執筆の経緯を語った。

 また本書には、俳優のアラン・ドロンさんや作家の故・笹沢佐保さん、俳優の津川雅彦さんら、デヴィ夫人とうわさになった男性の写真も多数掲載されている。
 「本当はもっとたくさんあるんですけど、お付き合いがあって歴史的意味のある特別な方だけ載せました」とデヴィ夫人。報道陣からは、こんなに掲載して大丈夫なのかという質問があがったが「もう古希も迎えたからいいんです(笑)」とにこやかに答えた。

 「執筆しながら、よく耐えて戦い抜いたと改めて感じました。この本は自分に対する勲章だと思っています」と話す笑顔の中に、強さを感じさせた。
(新刊JP編集部/川口絵里子)


【関連記事】  元記事はこちら
“無敗の男”ヒクソン・グレイシーが緊急来日! 日本、総合格闘技への想いを語る
“10万円じゃ夜は遊べない”品川祐さんが初の旅行エッセーを出版し、サイン会を開催
“料理が好きだったので嬉しい”チュートリアル・福田が初のレシピ集発売でサイン会開催

【新刊JP注目コンテンツ】
極地戦でものを言う経営者の土台“運力”の徹底分析!(新刊ラジオ 第1245回)
脳を活性化する“ニンニク油”を作って飲んでみた。(飲食禁止のスタジオで…。)(飲食禁止のスタジオで…。)(新刊ラジオ 第1244回)