黒一色のハイスペックウェア「BLK」新作発表

写真拡大

 メンズブランド「White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)」デザイナー相澤陽介氏の手がけるハイスペックライン「BLK(ビーエルケー)」が、2011年春夏シーズンの新作を展示会形式で発表した。


【写真をもっと見る】

 2009年春夏シーズンよりスタートした「BLK」は今季で5シーズン目。"ブラック"をコンセプトにソリッドなデザインを取り入れた新感覚のアウトドアウェアを展開している。更にクオリティーに磨きがかかった2011年春夏シーズンの新モデルは、シンプルなフォルムながらGORE-TEX社の新素材やPartex 163、メリル マイクロファイバーといった高性能のファブリックを使用。止水ファスナーやマグネット開閉、ベンチレーション等、パターンや仕様は細部までこだわり抜いて創られている。アイテムは、ジャケットやシャツ、パンツなど全12型。カラーはもちろん"黒"一色だ。

 メインコレクションの「White Mountaineering」では黒は用いず、アウトドアをストリートに溶け込ませたレイヤードスタイルを提案。デザイナー相澤氏は次シーズンより、東京でのコレクション発表に加えてアメリカNYでも展示会を行う予定で、また、レディースの新ブランドの発表も控えている。今後の展開もますます目が離せない。


■White Mountaineering 2011S/Sコレクションレポートはこちら
 http://www.fashionsnap.com/collection/white-mountaineering/2011ss/