“無敗の男”ヒクソン・グレイシーに恋愛相談をしてみた

写真拡大

 「オレ、モトキ。26歳、独身。職業、ライター。
 いろいろやっているんだけど、如何せんモテない。気になる女の子が全く振り向いてくれない。メールを送って誘っても返信がない。
 ずっと悩んでいる。どうすりゃいいんだろう・・・」

 と、大槻ケンヂさん率いる特撮の「文豪ボースカ」の替え歌をつぶやきたくなるような状況。そんな現状を打破すべく、1人の男に助けを求めた。

 その男は“400戦無敗の男”ヒクソン・グレイシー
 先日行われた『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』(ダイヤモンド社/刊)の出版記念サイン会において、改めて引退を宣言、後進の指導や柔術の普及活動を行っていく考えを明らかにした。

 あるホテルの一室の通されると、そこにはソファにゆったりと座るヒクソンの姿が。顔を合わせた瞬間、今まで感じたことのない威圧感が身体を襲う。変な質問をして怒られるんじゃないか?…いや、大丈夫、まだ頑張れる、行くぞ、相談だ。


―ヒクソンはとても紳士な方。紳士なヒクソンに相談したい。実は、好きな女性がいるのですが、なかなか振り向いてもらえません。ここ数年そういう状況が続いているのですが、私は諦めるべきでしょうか。

「Never Give Up!! 絶対にあきらめないでください。行くところまで行って、もしもう可能性が全く無くなったら、すぐに切り替えましょう。でも、最後まで戦い抜くのがファイターです」


 無敗の男からの答えは意外にもシンプルな「Never Give Up!!」というものであった。しかし、何故だかこの言葉はとても力強い。しかし、ヒクソンにはこうした恋に悩む経験があるのだろうのか? それとなく聞いてみた。


「私は女の子という目的があったら、戦略も技術も使って全力で挑みます。もし100%チャンスがなくなってしまった瞬間なら、普通の人なら悲しむでしょう。しかし、私は悲しむ気持ちにはなりません。何故なら、そういう力を他に向かわせる能力を持っているからです。それを私は格闘技で本格的に学びました。だから、皆さんに身につけて欲しいのは、プロジェクトでも何でも、それが上手くいかなった場合、エネルギーをすぐに他のところに持っていくのです。泣いても夢は戻らないですから(笑)」


 ちょっとはぐらかされてしまった印象もあるが、なるほど、ヒクソンは女の子に振られたからといってクヨクヨ悩まないようだ。そんな心を持てるなら、早く持ちたいところだが・・・。
 そうしたヒクソンの強靭な精神をあますところなく語った『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』が、現在発売中だ。また、ヒクソンの単独インタビュー動画もユーチューブで公開されているので、百戦錬磨のファイターの心を感じ取って欲しい。
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】  元記事はこちら
“無敗の男”ヒクソン・グレイシーが緊急来日! 日本、総合格闘技への想いを語る
清原和博はいかにしてスター選手として駆け上がっていったのか
プロ野球界の名将と経営界の名将の“往復書簡”

【新刊JP注目コンテンツ】
400戦無敗の男を、矢島×石橋が語り尽くす!!(新刊ラジオ 第1241回)
脳を活性化する“ニンニク油”を作って飲んでみた。(飲食禁止のスタジオで…。)(新刊ラジオ 第1244回)