上戸彩さんが自宅でラブシーンの特訓!? 『エクリプス/トワイライト・サーガ』公開アフレコに行ってきた

写真拡大

上戸彩さんと成宮寛貴さんが、西早稲田のアバコスタジオで映画『エクリプス/トワイライト・サーガ』日本語吹き替え版公開アフレコを行いました。『エクリプス/トワイライト・サーガ』は、全世界で1億部を売り上げたステファニー・メイヤーの『トワイライト』シリーズを原作とした映画化3作目です。

アフレコ風景『エクリプス/トワイライト・サーガ』は『トワイライト〜初恋〜』、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』に続く『トワイライト』シリーズの第3弾。リアルな青春ドラマの中で織り成される人間の少女ベラとヴァンパイアであるエドワードの禁断の恋をテーマにした作品です。今作では、敵のヴァンパイアからベラを守るために、エドワードと、オオカミ族でベラの幼なじみのジェイコブが手を組み戦います。主人公ベラ・スワンの声を上戸さん、エドワード・カレンの声を成宮さんが担当します。

上戸彩さん今回の公開アフレコで読んだのは、作品序盤のベラとエドワードの仲むつまじいラブシーンでした。上戸さんは「このアフレコの前に2日間連休をもらったんですけど、まんまと風邪をひいてしまって……。お陰でずっと家にいることができたので、ずーっと家で練習してました。でも家でやると恥ずかしいというか……これはキスのシーンも練習しなきゃなのかな、とか。中盤になるともっと濃厚なラブシーンも出てくるので、これは練習したほうがいいかなとか、ちょっと家でそわそわしてました」と話していました。成宮さんについては「(共演できて)すごく嬉しかったです。元々初めて共演させていただいたのが8年前になるんですけど、そこからあまり仕事は一緒にはしていなくて。今日のアフレコでご一緒できて嬉しかったです」と話し、成宮さんの声については「セクシーです」と一言。その言葉に成宮さんは照れたような笑いを浮かべていました。

成宮寛貴さん『トワイライト』シリーズの大ファンだという成宮さんは「みなさんよりもちょっと先に見れて、得した気分です」と笑顔でした。今日のアフレコについて「僕も、彩ちゃんと仕事するのは久しぶりで、嬉しかったです。僕は今年10周年で、彩ちゃんも女優を始めて10周年。こうやってまた大きな映画のアフレコで一緒に仕事が出来るってのは凄く嬉しいです」。上戸さんの声については「初っ端がお花畑でラブシーン。普段聞いたことのない彩ちゃんの声が聞こえてきて、照れました」と嬉しそうに語りました。

成宮さんが演じるエドワード、主人公ベラの幼なじみジェイコブ。上戸さんは2人を草食系と肉食系、と表現しました。「もし上戸さんが2人から求愛されたらどうしますか」と聞かれると、「もっと選ぶ時間が欲しいです」と言いつつも、「ガツガツ系のジェイコブかな。守ってくれそうな気がする。オオカミなので血が通ってる分、寒いときは助けてくれるし(笑)。冬助かるなーと。夏はちょっと離れてればいいかなと」と肉食系が好きなようです。

手に持っているのは台本です今作について上戸さんは、「女の子が誰しもが憧れるようなお話だと思います。2人の男性に“好き”と言われて。そんなときに自分がどうするかって思いながら見てもらうと2時間ずっと楽しんで見れる映画です。今回はオオカミ族が多くでてくるので、アクションシーンも凄くて男性にも楽しんでいただけると思います」、成宮さんは「女の子の憧れる少女漫画のような世界に、ハリウッドの大迫力な映像がミックスされて、すごく新しいエンターテインメントの作品になっていると思います。どんな世代の女性もキュンとなるような映画なんじゃないでしょうか」、「三角関係は……辛いですね。でもそういうのがあるからこそ、より深くグッとお互いの事が知れたりとかして……今回はそういう映画になっています」と語りました。

人気アイドルグループV6の森田剛さんとの破局報道について上戸さんに問いかけたマスコミがいましたが、表情を変えることなくノーコメントを貫き、その場を去りました。
『エクリプス/トワイライト・サーガ』
『エクリプス/トワイライト・サーガ』は11月6日(土)から公開されます。当初は11月13日だったものの、「ファンの期待に答えて」ということでした。丸の内ルーブルほか全国で公開です。

(C)2010 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved

■最近の注目記事
キャラクター抱き枕を振り回して楽しむライブがある!
あなたは知ってる? 日本で2番目のアレ……
『ニコニコミュージカル』ワークショップってどうなのよ
え? これも駄目なの!? 女性に聞いた“男性のこんなファッションは嫌だ”
「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」 Googleで「島根に」と検索したら……