北米を中心にコアな人気を見せるゲームジャンル、FPS(ファースト・パーソン・シューター)は、リアルな戦場を舞台にしたものから、007など人気タイトルを起用したものまで幅広く存在しています。

2010年10月14日、EA(エレクトロニック・アーツ)から発売予定のPS3用ソフト『Medal of Honor(メダル・オブ・オナー)』は同社の人気FPSシリーズの最新作になりますが、同ソフトはアフガニスタンを舞台にリアルな銃撃戦を繰り広げることが可能。

敵対する武装勢力チームには『タリバン』の名前が登場するということで発売前から軍関係者や実際に戦地へと赴いた兵士たちの遺族などからは不満の声が出ており、日本のテレビニュースでも取り上げられていたため、国内でも話題を集めていたようです。

この声を受けた制作チームはゲームからタリバンの文字を除外することを発表しています。

▼外部リンク

メダル オブ オナー | EA エレクトロニック・アーツ


■関連記事
第3回『あなたの力でBD化プロジェクト』の1位は『とらドラ!』
『赤いまめきつねうどん』×『緑のまめたぬき天そば』がリニューアル
アニメ『STAR DRIVER<スタードライバー> 輝きのタクト』が配信中止
カネトモ地獄と化しためちゃイケ!新メンバーオーディション会場
PSP『とある科学の超電磁砲<レールガン>』初回限定版は『figma 白井黒子』が同梱