テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より

船長000尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で起きた海上保安庁巡視船と中国漁船の衝突事件が話題になっている。どうして日本は、船長を釈放してしまったのだろうか? いつどんなトラブルに巻き込まれるかわからない、海の上の仕事。船長たるもの、そんな時に備えて「釈放してもらえる交渉術」を用意しているのでは?

今回は、捕まってしまった船長が使用するであろう交渉術に、どんなものがあるのかを考えてみた。



船長001
▼交渉術1「すごい素直」
「先に謝られるとそれ以上怒れないよね」という、日本人の心理をうまく利用した交渉術。



船長002
▼交渉術2「大胆なしらばっくれ」
船長なのに船も知らないとなると、「それはわかるだろ!」ってところから話が全く進まなくなる作戦。




船長003
▼交渉術3「『おろす』の意味をはき違えてる」
「なんか心の傷に触れちゃったみたいでゴメンね…」ってなる。そもそも男性ってことを忘れさせて、先に謝らせる力技。





船長004
▼交渉術4「すごいかわいい」
かわいいものにめっぽう弱い日本人。そのキュートな船長の姿で、「釈放されたいなぁ〜」なんて言われたら…。





船長005
▼交渉術5「親日派ぶる」
「ファン心理として、好きすぎて暴力をふるっちゃったりすることってあるじゃないですか」ってすごい下から言うことで、「まぁ、好きって言うなら…」とまんざらでもなくなってしまう。船長かわいいし。





船長006
▼交渉術6「海賊のフリをする」
今、日本では空前の海賊ブームだということを利用した作戦。もし疑われた時のために、体をゴムにしておこう。日本人マンガ好きだし。




船長007
▼交渉術7「モグリの医者のフリをする」
「なんだ、治療しに来たのか」ということであれば、多少船にぶつかったくらいのことなら水に流してくれるはず。「釈放」と言えば、「その言葉が聞きたかった」という名ゼリフが聞けそうなのもポイント。日本人マンガ好きだし。



みなさんが何かのトラブルで捕まってしまった場合、以上のような交渉術を参考に回避してみてはいかがでしょうか。僕はやりません。バカにしていると思われるから。



この記事の元ブログ: 尖閣諸島問題に学ぶ、船長の「釈放してもらえる交渉術」


最新の人気記事はコチラ
インタビュー オモコロ編集長 / バーグハンバーグバーグ代表 シモダテツヤさんこのエントリーを含むはてなブックマーク
会社案内の地図をもっとカッコよくする方法このエントリーを含むはてなブックマーク
ダーマの転職における履歴書の書き方このエントリーを含むはてなブックマーク
トレンディ過ぎて。シンデレラが。このエントリーを含むはてなブックマーク
アムロが拾った「ガンダム操作マニュアル」はどんなものだったのか?(PDFあり)このエントリーを含むはてなブックマーク
清野とおる様「日本のインド? 赤羽がカオスすぎる件」このエントリーを含むはてなブックマーク
スーパー戦隊シリーズ「悪の軍団」まとめこのエントリーを含むはてなブックマーク