ロールプレイングゲームの「ドラゴンクエスト」シリーズ初期の名物のひとつといえば「復活の呪文(じゅもん)」だろう。通常は意味のない言葉が羅列される復活の呪文だが、場合によっては意味の通る文になることもあるという。中には、こんなタイムリーな話題を盛り込んだ「復活の呪文」を発見したユーザーもいる。その様子を収録した動画がユーチューブ(YouTube)に公開されている。

■該当のYouTubeを見る

 これは「おしおまな ぶかくせいざい やばいぼく たいほ」というタイトルの動画。プレイしているゲームはファミコン版の「ドラゴンクエスト1」だ。動画のタイトルそのものが復活の呪文になっているが、読んでみると実にタイムリーな話題であることが分かる。この呪文を一文字ずつ入力していき、最後に「おわり」を選択すると、見事にレベル8の勇者「−らつう」の復活に成功する。

 低めのレベルにしてすでに物語の後半に差し掛かる重要アイテムを持っているにもかかわらず、武器が最弱の「たけざお」という若干不可解な装備であるが、立派に復活した「−らつう」。取り急ぎ強い武器を購入して、竜王征伐に励んで欲しいものである。(編集担当:柳川俊之)



■最新記事
古いゲームも投げ出したゲームもまた楽しめる、DS用ゲーム攻略ツール「コードフリーク」を試してみました
【YouTube】すべて人間によって再現されたパックマンのゲーム画面
【YouTube】目の動きで遊ぶスーパーマリオブラザーズ
【YouTube】もしおなじみのゲームに「超簡単モード」があったら…
【YouTube】助けた姫のために人生が狂ってしまうアクションゲーム