【懐かしいゲーム特集】「ドラゴンスピリット」(バーチャルコンソール版)

写真拡大

ファンタジー系シューティング!「ドラゴンスピリット」は1987年に株式会社ナムコからアーケードゲーム版としてリリースされたシューティングゲームです。その後、PCエンジン版、プレイステーション版としてもリリースされております。今回は「ドラゴンスピリット」をご紹介いたします。
ゲーム内容
主人公「アムル」が変身した「ブルードラゴン」を操作し、ファイアボールを発射し、敵を倒しながら各面のボスまで進みます。そして各面のボスを倒すとステージクリアーになります。
特に面白いのがボス戦です。
それまでのシューティングゲームでファンタジー的世界観を持ったものが殆どなかったのですが、1987年頃のRPGの流行の影響からゲーム市場もファンタジー的な要素を受け入れる土壌が出来上がったからともいえますが、このボス戦という要素もRPGでの見せ場を上手くシューティングゲームに織り込んだ好例と言えます。
「ドラゴンスピリット」がファンタジー風シューティングゲームが一つのジャンルとして確立される契機となりました。
ナムコのアーケードゲーム移植と言えば!
※写真は「マイコンBASICマガジン」紹介HP

「ドラゴンスピリット」は電波新聞社のX68000移植版も有名です。「マイコンBASICマガジン」誌上でも「ドラゴンスピリット」の特集記事を掲載しておりましたが「アーケード版完全移植」を宣伝文句に「ドラゴンスピリット」の移植版の進捗状況を毎月報告していました。最近では「アーケード版完全移植」も珍しくなくなってきましたが、このような先駆者がいたことを忘れてはなりません。


▼外部リンク

ドラゴンスピリット(バーチャルコンソール版)
ドラゴンスピリット紹介ページ
ALL ABOUTベーマガ


■関連記事
【殺人替え歌】を園児に歌わせてしまった、幼稚園バス運転手の罪に思うこと。
今月末リリース『ニンテンドーDSi LL(スーパーマリオ25周年仕様)』
今から始めよう!ちょこっとお絵描き【中級者編】
アニメ『灼眼のシャナ』に第三期フラグ?
DS『サガ3時空の覇者 Shadow or Light』の発売日が決定