マンガ雑誌『ガロ』の出版で知られる青林堂は、iPad向けコミック誌『ガロ Ver2.01』の販売を9月30日より開始した。

 1964年に創刊した『ガロ』は、白土三平の『カムイ伝』をはじめ、水木しげる、つげ義春、蛭子能収、みうらじゅん、内田春菊など、個性派で知られる作家たちの作品を数多く掲載。一部のマニアやサブカル好き著名人などから熱烈な支持を受け、後進にも多大な影響を与えていたが、経営状況の悪化などもあり、90年代後半からは休刊・復刊を繰り返す状態が続いていた。

 青林堂のホームページによると、『ガロ Ver2.01』は「WEB・同人で活躍中の作家による作品を集成。萌えから燃え、ジュブナイルSFまでカバーする、日本初のiPad向け新作コミック誌」とのこと。島酒「乙姫 CROSSOVER」、浅木胡逸「ケータイ娘 あおいちゃん」など7作品を収録し、季刊で刊行予定。App Storeにて350円でダウンロードできる。

 今回のiPad版を受けたネット上の反応は、好意的なものから、とまどい、否定的意見までさまざま。しかしながら、オリジナリティを重視して多くの奇才・異才を輩出したかつてのように、新たな才能の発掘には大きな期待が寄せられている。

 なお、同社からは既に単行本として出版済みの「まんがで読む古事記」(著:久松文雄)、「炭焼物語」(作画:武野繁泰、原作:宇江敏勝)のiPad版配信も始まっており、今後も過去のタイトルの配信が予定されているとのこと。iPad版をきっかけに再評価される作品も少なからず出てきそうだ。




『あのサブカル界に多大な影響を与えた『ガロ』がiPad版で復活』
 著者:
 出版社:青林堂
 >>元の記事を見る





■ 関連記事
『non-no』が月刊誌に メディアミックスで新展開〜『non・no 11月号』(2010年9月27日17:27)
『文化放送と講談社によるラジオとコミックのメディアミックスがスタート』(2010年9月27日14:29)
『ジュンク堂池袋本店がまち歩きイベント−大雨の中で「ブクロッチング」』(2010年9月26日08:10)


■配信元
WEB本の雑誌