デュベティカ 世界初の旗艦店を南青山にオープン

写真拡大

 イタリア ベニス発のダウンブランド「DUVETICA(デュベティカ)」が、10月2日、南青山に国内初の直営店をオープンする。同店は国内初の店舗であるとともに、「DUVETICA」の世界初のフラッグシップショップ。建築デザインは、日本を代表する建築家安藤忠雄が担当しており、ブランドのフィロソフィーを同ショップを通して世界に向けて発信していく。


【写真をもっと見る】

 2002年よりイタリア、ベニス郊外のモリアーノ・ベネトでダウンのスペシャリスト達が集結し誕生した「DUVETICA」。ブランド名の由来はフランス語で"ダウン"を意味する「DUVET」とイタリア語で"倫理や道徳"を意味する「ETICA」を組み合わせたもの。 ダウンには、フランスのペリゴールを中心とした南仏地方で最高級のフォアグラ用に飼育されているグレーグースのダウンを使用しており、その品質の高さとデザイン性の高さで瞬く間に知る人ぞ知るダウンブランドとして成長した。

 南青山にオープンする旗艦店「duvetica aoyama store tokyo」は、表参道駅から徒歩1分という立地で、広さはおよそ150?。24のパネルからなる大型モニターを使用した外観とは対照的に、内装にはイタリアの美術館等で使用される資材を用いるなど、安藤忠雄氏のアートとしての建築空間を店舗全体を通して演出。ファッション・テクノロジー・アート・クオリティーの4つをキーワードにブランドの世界観を創造した、細部に至るまでこだわりと見どころのあるショップに仕上がっている。


■duvetica aoyama store tokyo
住所:東京都港区南青山5-6-16
TEL:03-6427-3311
営業時間:11:00-20:00
定休日:水曜
HP:http://duvetica.fen.co.jp/