シュルトとカラケスが、緊張感のある睨み合い!K-1王者とSHOWTIME王者は、どちらが強いのだろうか!?

写真拡大

10月1日、韓国のオリンピック第1体育館で明日開催されるK-1 WORLD GP(WGP)FINAL16の前日会見が行われた。

この大会では、当初、元UFC王者のアンドレイ・アルロフスキーがラウル・カティナスと対戦する予定だったが、スパーリングで鼻骨骨折し、ドクターストップがかかったという。アルロフスキーは、「フェイスガードをしてでも出たい」とヤル気になっていたようだが、もちろんルールでは認められず。K-1参戦は、12月の決勝大会か大晦日の『Dynamite!!』が有力みたいだ。

そんな中で注目を集めているのは、4タイム王者のセーム・シュルトと、IT'S SHOWTIMEヘビー級王者のヘスディ・カラケスの一戦だ。K-1とSHOWTIMEの王者対決は、アジアだけではなく、世界でも注目を集めるカード。バダ・ハリ欠場の影響もあり、この試合の勝敗は大きな意味を持つことだろう。

フォトセッションで二人は、司会者を無視するように睨み合ったまま動かず。「K-1王者として勝つ」とシュルトが宣言すれば、カラケスも「進む道にシュルトがいれば蹴散らすだけ」と反撃した。

カラケスは、バダ・ハリの反則攻撃を受けて王者になっているだけに、ラッキーで王者になったとは思われたくないはず。シュルトにとっても、この試合は大一番になりそうだ。
対戦カード&詳細はコチラ

ミア×ミルコは衝撃決着、ノゲイラはベイダーに敗戦
3ヶ月8大会、ズッファ怒涛のイベントラッシュ続く
It's Showtimeを佐藤嘉洋が鋭く分析!!
アップセット続出、衝撃の試合も……