2010年10月1日、「Comme des Garçons(コム デ ギャルソン)」が公式ホームページを公開した。これまでコム デ ギャルソンは、ネットでの活動を控えていたためHPの真贋が話題に上っていたが、公式HPと判明。コム デ ギャルソン代表でありデザイナーの川久保玲氏が1969年にブランドを立ち上げて以来初めてとあって、これからのウェブプロモーションに注目が集まる。



 ホームページを開いてまず目に飛び込んでくるのがアルゼンチンのアーティストMondongo(モンドンゴ)、Quay Brothers(クエイ・ブラザーズ)、そしてAi Weiwei(アイ・ウェイウェイ)のアート作品。白い円形のリンク先を辿る事で、次ページへと移っていく斬新な構成となっている。唯一の文字情報は「Comme des Garçons」のショップ一覧で、国内外の直営ショップの情報が記載されている。注目は英字部分の「Coming soon...」と書かれた最後の部分で、2010年11月に中国・北京、2011年1月にシンガポールへの出店予定と明記されている。

 常に前衛的で既成概念を崩す新しい取り組みを行ってきた「Comme des Garçons」だが、ファッションのみならずアートの取り組みにも積極的だ。2009年大阪の直営店ビル2階にアートスペース「Six(シックス)」をオープン。これに続き、2010年10月、韓国・ソウルにサムスンとのパートナーシップによって誕生した「Comme des Garçons Seoul」の地下にも2つ目の「Six」がオープンする。

 これまで、ウェブに対して一定の距離を置いていたコム デ ギャルソンだが2009年にはYOOXが運営するThe corner.comにコム デ ギャルソン シャツの公式オンラインストアをシーズン限定でオープン。2010年にはスタートトゥデイが運営する「ZOZOVILLA」に「Dover Street Market(ドーバー ストリート マーケット」の公式オンラインストアをオープンするなど、ウェブに対するアプローチを開始している。


■Comme des Garçons
 http://www.comme-des-garcons.com/