販売再開を延期していたNTTドコモのAndroidスマートフォン『LYNX SH-10B』が販売再開へ 同じ不具合のau『IS01』は既に販売を再開

写真拡大




NTTドコモは、不具合により9月9日に販売を一時停止し、9月17日には別の不具合により販売再開を延期していたAndroid搭載スマートフォン『LYNX SH-10B』の販売を10月2日に再開すると発表しました。同じシャープ製でauが販売するAndroidスマートフォン『IS01』は、9月17日に販売を一時停止、9月25日に販売を再開しています。

最初に発生した不具合は、悪意あるアプリケーションがインストールされた際、ユーザーのキーボード操作履歴が第三者によって取得される可能性があるというもの。続いて発生した不具合は、電話帳に登録した名前に「,(カンマ)」を使用していた場合に、正しい宛先にメールが送信されず、「,(カンマ)」の前後に同じ文字列がある登録名の宛先へメールを送信する場合がある、というものでした。既に購入済みのユーザーに対しては、ソフトウェアの更新により対応が完了しています。

『IS01』についても同じ不具合が発生しており、KDDIは最初の不具合へソフトウェア更新で対応。次の不具合には9月17日に販売を一時停止すると同時に、購入済みユーザーに対して「@ezweb.ne.jp」のEメール送受信を停止しました。22日にソフトウェア更新を実施した後、23日にEメールの送受信を再開、25日に販売を再開しています。

■関連記事
NTTドコモのAndroidスマートフォン『LYNX SH-10B』が一時販売停止に これまで累計7000台を販売
NTTドコモのAndroidスマートフォン『LYNX SH-10B』は7月23日に発売
『IS01』の兄弟機? ドコモのスマートフォン『LYNX SH-10B』はどこが違うのか
ドコモのスマートフォンで「@docomo.ne.jp」のアドレスが使えるISP『spモード』導入手順まとめ
ドコモのスマートフォン向けISP『spモード』は9月1日に開始