5万円前後! 日本エイサーが15.6インチ大画面ノートPC『eME732Z-A12B』を発売へ

写真拡大




日本エイサーは、同社『eMachines』ブランドの新製品として、15.6インチの大画面ノートパソコン(PC)『eME732Z-A12B』を10月1日より発売します。販売価格は5万円を下回ることが予想されており、インターネット、メール、DVDなどの映像観賞や簡単な文書作成ができればいいというホームユーザー向けにぴったりのモデルです。

eME732Z-A12B『eME732Z-A12B』は、CPUに『インテル Pentium プロセッサー P6100』を搭載。映画を見ながらネットで検索するなど、マルチタスク処理をストレスなく行えます。省電力機能も搭載しており、無駄な電力コストはかかりません。15.6インチ(16:9、1670万色)の大画面液晶ディスプレーを採用。映画やネット上の動画再生を大迫力のフルスクリーンで観賞できます。また、大画面ながら約2.4kgと軽量設計なので、室内の持ち運びはもちろん外出時にも気軽に持ち歩けます。

eME732Z-A12BOSには、『Windows 7 Home Premium』を採用。2GBメモリー、250GBハードディスク、DVDマルチドライブのほか、130万画素のウェブカメラも搭載。ビデオチャットや英会話のレッスンなども高画質で楽しめます。バッテリー駆動時間は3.5時間、サイズはH32.7×W381×D253mm、重さ約2.4kg、カラーはブラックのみでシンプルなデザインです。
 
 

■関連記事
シリーズ最小・最軽量の『ThinkPad Edge 11”』
『Let'snote』秋冬モデル ジャケットスタイルで処理速度向上の10.1型ノートPC『J9シリーズ』発売へ
薄型軽量で連続約6時間駆動! ASUSからモバイル・サブノートPC『UL20FT』発売へ
無料で体験できるドコモの電子書籍トライアルサービス 期間限定で提供へ
SDカードにラジオを録音・再生できる『ラジレコ R-6』