任天堂史上最悪の酷評ニンテンドー3DS! 子を持つ親「娘には悪いが本体値下げまで待ってもらう」

写真拡大

任天堂が唯一失敗したといわれているゲームハード『バーチャルボーイ』ですら、ここまで酷評されることはなかった。9月29日に開催された『任天堂カンファレンス2010』で、最新携帯型ゲーム機『ニンテンドー3DS』の価格と発売日が発表され、インターネット上では酷評の嵐となっている。

『ニンテンドー3DS』は2011年2月26日(土)に発売し、価格は25000円だという。この情報はまたたく間にインターネット上に広まり、あまりにも高額な価格と、あまりにも遅すぎる発売日に、インターネットユーザー(ゲームファン)たちが酷評している。なかには発売日と価格設定にあきれ、気分が落ち込んでいる人もいるようだ。

・『ニンテンドー3DS』に対するインターネットユーザーの声
「25000か。とりあえずいいや」
「高すぎ。携帯機はすぐ新型出すし初期型は微妙だな」
「発売も半年近く先ってのは遠い。Appleみたいに発表から発売までを早めてほしいわ」
「発売遅くない? PSP2出ちゃうよ」
「2万5千クソワロタwww さすがに携帯機で箱〇よりたけーのは無いわwwww」
「しばらくPSPで十分そうだな。初期のころってソフトの質も悪いし」
「25000円あったらスマホ買うわw」
「こうなったらソニーはPSPを12800に下げて延命して引っ張ってPSP2出す作戦がいい」
「ゲームギア19800円 PCエンジンGT44800円 ネオジオポケット7800円 スワンC7800円」
「これならPSP2が神性能で29800円でもヤスゥイって感じになるな」
「まぁすぐ買わなくてもいいや。どうせDSliteみたいなやつ出るだろうし」
「高いなぁ…ソフトによっちゃ買わない」
「なんでこんなに高いのか。中に特殊なもんでも入ってんの?」
「ちゃんと動くマジコンが出回り始めたら売れるかもね」
「せめてクリスマスには間に合わせろよ…」
「あと5000円出せばPS3買えるのか…」
「携帯機に2万5千はないわ」

ほかにも、「価格もマイナスだけど、年末に合わせてこなかったのが一番のマイナス点だろうな」、「思ったより高いな。まあ当たり前だが買う買わないはソフト次第だな」、「どこの会社もトップとると途端に殿様商売になるな」、「値段より2月発売がショックだわ…」、「ガキは買うなってことか」、「25000とか冗談だろ。ソフト買ったら30000オーバーだぞw」などの声も書き込みされていた。

なかには、「なんだかんだ言ってソフトのラインナップ見る限り買わなきゃいけない現実」という人もいた。好きなゲームの続編が出る以上、いくら高額なゲーム機でも買わずにはいられないと考えているようだ。確かに、『ニンテンドー3DS』で『ラブプラス』や『ドラゴンクエスト』の新作が出る知れば、酷評していても買ってしまう人がいると思われる。

書き込みされた意見のなかには、「妊娠(任天堂好き)だけど25,000円はないな・・・。娘には悪いがどうぶつ森は本体値下げまで待ってもらおう」というかわいそうな親子もいた。ここまで酷評されている『ニンテンドー3DS』。世間は20000〜22000円で売って欲しかったと思っているようだ。価格の改定はありえないかもしれないが、ゲームファンたちの声が大きくなれば発売までに奇跡が起きるかも!?

ちなみに、『ニンテンドー3DS』では『ラブプラス』の発売がすでに決定し、衝撃の美少女動画も公開されている。美少女たちが立体的に見え、よりリアルな恋愛体験ができるという。

Photo from Creative Commons licenses.
This image is used in accordance with copyright law number 32.

このニュースの元記事を読む

■こんなびっくりニュースもあります