『ニンテンドー3DS』の発売日と価格にネットユーザーが酷評! あまりにも高い価格と遅すぎる発売日

写真拡大

女性にも大人気のゲーム機といえば『ニンテンドーDS』ですよね。任天堂は『Wii』も発売していますが、女性に好かれるゲームや健康管理ソフトを販売していますので、プレイステーション3やXbox360などよりも女性に好評のようです。

そんな『ニンテンドーDS』シリーズの最新機種、『ニンテンドー3DS』の発売日が決定しました。2011年2月26日発売で価格は25000円になるとの事。クリスマスにじっくりと遊びたいと思っていた人には残念な発売日かもしれませんが、今から発売が楽しみですね。

でも、インターネット上では酷評の嵐になっています。発売日が予想よりも遅く、価格も予想以上に高額だというのです。確かに、25000円というと中古ならば『プレイステーション3』が買えてしまいますし、『Wii』が発売された当初の定価と同じ価格です(現在の『Wii』は20000円が定価になっています)。インターネット上では次のような声が書き込みされています。

・インターネット上の声
「子供は買えないよねこれ」
「たけええ。小学生が可哀想だ」
「高っ・・・2万5000とか店頭でPS3普通に買えるレベルじゃねーか」
「俺は初代の銀色DSを発売初日から使ってるんで、もうずっとそれでいいや」
「携帯機の値段じゃねぇ」
「PSP程度の性能なのに高すぎワロタ」
「今円高だからそのままの値段で海外だと300ドルくらいになっちゃうだろ」
「高くはないだろ。どんだけ貧乏なんだよ。働け!」
「3Dがどんなもんか実際に実機見てみないと分からんのがどうもな」
「これ本体売るだけでボロ儲けの価格設定だろ」
「PSP2の価格が楽しみになってきた」
「高いわ遅いわ。PSP命拾いしたな」
「任天堂うううううううううううううう。どうして2万にしなかったんだよおおおお」
「たけーーーーーーwwwwwwwwww」
「携帯機に2万5000はないない」
「やっぱりしばらく様子見だな」

『ニンテンドー3DS』はすれちがい通信がパワーアップされていることから、「なんでそんなにすれ違いを強化するんだよ。お前がユーザーとすれ違ってるよ」と皮肉を書き込んでいる人もいました。

しかし、『ニンテンドー3DS』では『ラブプラス』や『ゼルダの伝説』などの新作の発売が決定しています。25000円はやや高い気もしますが、ゲームソフトが良いものであれば人気のゲーム機になることでしょう。今から発売が楽しみですね?

(記者 / 乎古止点)

このニュースの元記事を読む

●関連記事