テニスのクルム伊達公子が快進撃を見せている。東レ・パンパシフィック・オープンで、おととい(2010年9月27日)は世界ランク15位のシャラポワ(23)を、きのうは29位のハンチュコバ(27)を破り、ベスト16へ進んだ。2人とも67位の伊達から見れば格上、しかも10歳以上若い選手である。お見事というしかない。

「東レ・パンパシ」ベスト16

   きのう40歳の誕生日を迎えた伊達は、東京・有明コロシアムの観客から「ハッピー・バースデー」の祝福を受け、「これからもチャレンジを続けていきたい。末長く見守ってください」と笑顔で応えた。


   伊達が好成績をあげている要因について、この大会のアドバイザーを務める杉山愛(35)はこう話す。

「誰よりもハングリーだ。辛い思いをたくさんしてきている。継続することはたいへんだけど、気持ちの強さを持ち続ける選手が頑張れる。笑顔が増えてハッピーそうだ」。

   VTRを見ていたコメンテーターの川戸惠子(TBS解説委員)も「衰えを知らない。ますます強くなっている」と激賞する。

   「アラフォーの星」はベスト8進出をかけて今日、2010全仏オープンの覇者で世界ランク8位のスキアボーネ(30)と対戦する。MCみのもんたは「大丈夫。いけますよ」

アレマ

J-CASTテレビウォッチとは?

ワイドショーやドラマなどのテレビ番組を独自の視点でウォッチします。カリスマ占い師の不思議な言動や深夜のオモシロ番組もここでチェック!
新たにJ-CASTニュースショップがオープン!