テキスト系妄想メディア「ワラパッパ (WARAPAPPA )」より


なんかツイッターをめっちゃ使いこなしているスーパー高校生がいるっていう記事なんだけど、なんだろう、この言いようのない敗北感は。

だって高校2年生ですよ! 高校2年っつったら17歳ですよ! 17歳っつったらおむつが取れたばかりのガキんちょでしょ!?

いや、ごめん、それは言い過ぎた。さすがにおむつは言い過ぎた。普通にトランクス穿いてました。近所のフジグランで買った3枚500円の、何かよくわからないアルファベットがゴムのところに印刷されたトランクスを愛用してました。愛用するあまりゴムがゆるんでベロンベロンになってしまい、体育の着替えのときに悲惨な事件を引き起こしたことがあるんですけど、いや、その話は今回はどうでもよかった。そうじゃなくて、この17歳の“うめけん君”っていう子ね、なんかもうスゴイ。

だって、

「弱冠17歳にして、日本ツイッター学会理事を務め(以下略)」

ですよ!

日本ツイッター学会理事て! よくわからんけどなんかすごそう!

まあでも僕も負けてませんからね。初めて告白するけど、僕もうめけん君くらいの年の頃に学校で学会的なものを組織してましたからね。

うん、まぁ、それは「洋モノAV振興会」っていう、かなり自らの欲望にダイレクトな会だったわけですけど、なんていうか、ほら、会を組織して理事を務めるという点においては僕とうめけん君はそれほど違わないんじゃないかな……って思うんですよね。

もちろんちゃんと活動もしてました。具体的に言うと、「洋モノとかありえんわー」とかぬかしていた友だちに洋モノAVを貸して、その魅力を普及してました。で、返ってきたときに「洋モノもいいなぁ」とか言われると、すごく達成感があるんですよね! ああ、薦めてよかったな、って。僕が厳選したAVが、それまで頑なだった友人の心を解きほぐしたことに、洋モノAV振興会会長としては言いようのない感動を覚えるわけです。

だってもしこれが僕が選んだものではなくぜんぜん別のAVだったとしたら、ひょっとすると友人は未だに洋モノの良さがわかっていなかったかもしれない。洋モノの良さを理解することなく一生を終えていたかもしれない。膨大な量のAVから情報なしに良い物を選ぶのは大変ですからね。そう考えると、やっぱりクチコミってすごいなって思うんです。

で、唐突にツイッターの話題に戻りますけど、僕はツイッターこそが現時点における最高のクチコミツールなんじゃないかと思うんですよね。タイムラインで誰かがべた褒めしているものがあると、ちょっと気にならないですか? 僕はけっこうURLをクリックしてしまいます。それはやっぱり、宣伝臭くなくて、純粋にお薦めしているんだなっていうのがわかるからじゃないでしょうか。そういうクチコミ情報が手に入ることこそが、ツイッターの強みですよね。

だから皆さんも「お薦めのAVはこれだ!」とかどんどんツイートすればいいと思う。そしてそれを見た人はどんどんRTすればいいと思う。そう、いつかそのツイートが巡り巡って、僕のタイムラインに流れるようにね。





あ、ちなみに最近はオールジャンルOK派です。



この記事の元ブログ: 洋モノAV振興会会長としてツイッターに思うこと


最新の人気記事はコチラ
インタビュー オモコロ編集長 / バーグハンバーグバーグ代表 シモダテツヤさん
会社案内の地図をもっとカッコよくする方法
ダーマの転職における履歴書の書き方
トレンディ過ぎて。シンデレラが。
アムロが拾った「ガンダム操作マニュアル」はどんなものだったのか?(PDFあり)
清野とおる様「日本のインド? 赤羽がカオスすぎる件」
スーパー戦隊シリーズ「悪の軍団」まとめ