電源不要でリモコン操作も可能なHDMIセレクターが登場

写真拡大

イー・エム・エー株式会社は、ハイビジョンテレビに搭載されるHDMIポートを拡張し、3つの機器を自在に切り替えられるHDMIセレクター『MT-SW301R』を、2010年10月中旬に発売する。

HDMIポート不足を解消 『MT-SW301R』は、HDMI1.3b(DeepColor対応)およびHDCP1.0/1.1をサポートする、3ポートHDMIセレクターだ。本体には電源が不要なため、柔軟なレイアウトが可能となっている。

本体のボタンで入力を切り替えられるのはもちろん、付属のリモコンを使用すれば離れた位置からでも切り替えることができる。本体にはLEDインジケータが搭載されており、選択しているHDMIポートがひとめで分かるようになっている。

また、最後に選択していたポートを記憶して次回も同じ入力をセレクトする機能や、HDMI機器の電源を入れると連動して入力が切り替わる機能なども用意されている。

本体サイズは、H75mm×W45mm×D13.5mmで、重量は約38gだ。価格はオープンだが、市場想定価格は1,980円前後となっている。

Editor's eyes 数年前のモデルや廉価版の薄型液晶テレビにおいては、HDMIポートがひとつしか用意されていない場合がある。レコーダーやゲーム機など、HDMIでつなぎたい機器が複数ある場合には困りものだ。本製品を使用すれば、安価にHDMIポートを3つまで増やすことができるのである。

▼外部リンク

イー・エム・エー株式会社
詳細ページ


■関連記事
興和が眼に優しいLEDデスクライト『LUPINUS』シリーズを発売
家電・家具レンタルを一斉見積もり!「レンタル比較どっとコム」
手元のPCが緊急地震速報機に早変わりする『地震の見張り番』
NTTドコモ、機能増強済みFOMAユビキタスモジュール発売へ
トラックボール内蔵の小型ワイヤレスキーボード『SKB-WLTR01BK』