韓国でキムチ危機「白菜1個1000円…これじゃ金ムチだ!」

写真拡大

韓国ではこの時期、冬に備えて3〜4カ月分のキムチを漬ける。これを「キムジャン」と言い、市場にはキムチで使う材料が山のように並ぶ。だが、キムチの肝心な材料である白菜が、今夏の異常気象の影響で過去最高値を付けているという。

韓国の流通業界は28日、農協流通ハナロマート(ヤンジェ店)で白菜1個が1万1600ウォン(約850円)の値を付けたと発表した。前日の1万3800ウォン(約1000円)からは少し値を下げたものの、22日の秋夕(旧盆)直前の9800ウォン(約720円)と比べると、たった10日間で1800ウォン(130円)も値を上げた。

この異常な高値に韓国の主婦たちは真っ青だ。それもそのはず、キムジャンで使用する白菜は一般的に20〜30個、多い家では100個以上も必要とするのだ。そのため、韓国メディアもキムチが「金チ」(金のキムチ)になったと伝えている。

低価格が売りの新世界イーマートでも、この日の白菜は1個6450ウォン(約470円)。しかし、29日からは品不足のため一気に1万1500ウォン(約840円)と2倍近く跳ね上がるという。また、白菜だけでなく大根や長ねぎも、昨年より3倍近く軒並み高騰。キムチ危機が韓国全土を襲っている。

このような野菜の高騰は、夏の猛暑や台風などの異常気象により農作物がダメージを受けたことが大きい。特に今月初め韓国に上陸した台風「コンパス」で、韓国の白菜の栽培面積のうち約15%が被害を受け、収穫量は例年の40%程度しかないという。野菜の高騰でキムチ作りに深刻な影響が出ている韓国。今年の冬は、キムチにあえぐ日々となりそうだ。


参照:「キムチが金チに」白菜1個1万1600ウォン…白菜大乱が来る? - ニューシス
参照:「白菜1個1万1600ウォン」…「白菜大乱」 - 聯合ニュース

(文:林由美)

■【韓フルタイム】とは……
【韓フルタイム】とは韓国に特化した情報を提供する媒体です。
韓国に詳しい専門の日本人記者が取材、執筆を行っております。
韓国中心の出来事をいち早くお届けできるように頑張っていきます。