Android 2.2搭載タブレット『LuvPad AD100』の発売が10月末に延期へ

写真拡大




マウスコンピューターは、9月末に発売を予定していた、OSにAndroid 2.2を搭載する10.1型タブレット端末『LuvPad AD100』の発売を10月末に延期することを発表しました。価格は3万9800円(税込み)と変更なし。

最新のAndroid OS 2.2を搭載し、NVIDIA社のフルHD超低消費電力ウェブ・プロセッサ『NVIDIA Tegra 250』を採用するタブレット端末。プレスリリースでは「ハードウェア、ソフトウェア双方における完成度を更に高めると同時に、お客様へより円滑にお届けするため」と延期の理由を発表しています。

同社サイトで新たに発表された仕様は次のとおり。メモリーは512MB、ストレージはOS起動用に512MBと8GBのフラッシュメモリーを搭載。microSDカードスロットも搭載し、データ領域の拡張やバックアップが可能になります。インタフェースはmicroSDスロットのほか、USB 2.0(mini)ポート、ヘッドホンジャックを装備するとのこと。ディスプレーは1024×600ドットのマルチタッチ液晶。本体重量は約760gです。

■関連記事
マウスコンピューターがAndroid 2.2搭載タブレット『LuvPad AD100』発売へ
NECビッグローブが『andronavi』でAndroidアプリの独自マーケットに本格参入 その意味と可能性は
ソフトの拡張性がヒットのカギ? Android搭載のユニークなノートPC『dynabook AZ』製品レビュー
ソフトバンクのAndroidスマートフォン『HTC Desire』が10月にAndroid 2.2にアップデートを予定 Flashにも対応可能に
アドビのエバンジェリストがFlash PlayerやAIRのスマートフォン対応などFlashプラットフォームの現状をアップデート