(株)矢野経済研究所では、2010年第2四半期の住宅リフォーム市場規模(2010年4月〜6月)について、前年同期比約7.0%増の1兆6696億円と発表した。第1四半期から2期連続の増加となった。その要因として太陽光発電システムや住宅エコポイントによる需要喚起を挙げている。
また2010年通期の住宅リフォーム市場規模では、前年比約17%増となる約6兆2000億円を予測している。

なお同研究所でいう住宅リフォーム市場とは、「10平米超の増改築工事」「10平米以下の増改築工事」「設備修繕・維持関連」「家具・インテリア等」の4分野をさす。