興和が眼に優しいLEDデスクライト『LUPINUS』シリーズを発売

写真拡大

興和株式会社は、チラツキやまぶしさを抑えた眼に優しいLEDデスクライト『LUPINUS(ルピナス)』シリーズ2製品3タイプを、2010年9月末に発売する。

LED照明の弱点を克服 『LUPINUS』シリーズは、光源としてLEDが採用されたデスクライトだ。本来、点光源であるLEDの光を、独自の導光板により拡散させた「面発光」を実現している。

光を均一に分散させる面発光により、「まぶしさ」の抑制を実現すると共に、ムラのない明るさを実現している。また、点光源の光にありがちな強い影も発生せず、眼への負担も少ない。また、直流点灯方式の採用により、チラツキが発生することはない。

製品には、学習机やビジネス机などでの使用に最適な大型LEDデスクライト『EK241』シリーズと、軽量・コンパクトで、細かな作業に便利な小型LEDデスクライトとして、スタンドタイプの『EK223』シリーズ、およびクリップタイプの『EK213』シリーズの2タイプが用意される。

価格は、大型LEDデスクライト『EK241』シリーズが25,000円(税込)、小型LEDデスクライト『EK223』シリーズおよび『EK213』シリーズが9,975円(税込)となっている。

Editor's eyes 『LUPINUS』シリーズは、眼に優しいばかりでなく、長寿命や低消費電力といったLEDならではのメリットもある。また、本製品はカエルのキャラクターでおなじみの医薬品メーカー「コーワ」の製品である。信頼性も高く、安心して使用できるだろう。

▼外部リンク

興和株式会社
リリース(PDF)


■関連記事
家電・家具レンタルを一斉見積もり!「レンタル比較どっとコム」
手元のPCが緊急地震速報機に早変わりする『地震の見張り番』
NTTドコモ、機能増強済みFOMAユビキタスモジュール発売へ
トラックボール内蔵の小型ワイヤレスキーボード『SKB-WLTR01BK』
古いテレビでもインターネット動画が楽しめる『AQUOSネットチューナー』