スキャナから直接『Evernote』へ!クラウド対応デバイスサーバー『N-TRANSFER』発表

写真拡大




NTT東日本・NTT西日本は9月27日、インターネットによる通信機能を持たせたデバイスサーバー『N-TRANSFER』を発表しました。この『N-TRANSFER』にスキャナやプリンタ複合機を接続することで、名刺や書籍、チラシなどといったあらゆる紙の情報をPC(パソコン)レスでクラウドサービスへアップロードすることができます。

『N-TRANSFER』の本体は非常にコンパクトで60×95×28mm、手のひらにのる大きさです。この小さな箱にUSBとLANの接続口がついており、この箱を通してスキャナをクラウドサービス『Evernote』へ“接続”するわけです。

N-TRANSFER
『N-TRANSFER』には“CLOUD-TRANSFER”、“DATA-TRANSFER”、そして“USB-TRANSFER”という名前の機能があります。

N-TRANSFER
“CLOUD-TRANSFER”はその名のとおりスキャナで読み取った画像を直接『Evernote』へアップロードする機能。エプソンのプリンタ複合機やPFU社製のスキャナに対応しており、スキャン操作するだけでPCの電源を入れずとも、ダイレクトに『Evernote』へアップロードしてくれます。

N-TRANSFER
当然『Evernote』にアップロードされた画像はそのまま『iPhone』などを使って外出先から参照することができます。名刺・パンフレット・チラシ・書類だけでなく、これだけ操作が簡単ならば“冷蔵庫に貼る”ようなお知らせやカレンダーなどもどんどん『Evernote』化することができそうです。

N-TRANSFER
“DATA-TRANSFER”は、相手先の『N-TRANSFER』端末へ直接データを送信する機能。これはデジタルカメラで撮影した写真を、PCを介さずに相手へ送信することを想定しているようです。相手先の指定や送信指示は携帯電話を使います。

N-TRANSFER
そして“USB-TRANSFER”は、『N-TRANSFER』に接続したUSB機器をLAN経由でほかのPCから共有する機能。PC側に専用のドライバをインストールすると、『N-TRANSFER』につないだUSB機器をネットワーク経由で使うことができます。当然この時はスキャナなども“PCにつながっている”ことになるため、PCの電源を入れている時はいつものようにPCで、PCを使っていない時は直接Evernoteへ……と、接続をつなぎかえることなく使用することができますし、また複数PCでの共有も可能となっています。

『Evernote』のようなサービスを本当に便利につかうためには、まずあらゆるデータをサービスに“入力”しなければいけませんが、これなら本当に気軽にどんどんスキャンしていけそうです。

対応機器は今後アップデートで増やしていくとのことで、なかなか期待のもてるガジェットではないでしょうか。NTT西日本では2010年10月1日に7350円(税込み)で販売開始、NTT東日本では少し遅れて10月中旬の発売となる予定です。

※PCですべての写真を見るには「【全写真掲載】スキャナから直接『Evernote』へ!クラウド対応デバイスサーバー『N-TRANSFER』発表」をご覧ください。

■関連記事
PC不要でワンタッチスキャン! 電子書籍作成に対応した新感覚クラウドスキャナ
『Evernote』と連携するアナログプロダクト『保存するメモ帳』と『IDケース』発売へ
手書きメモをデジタルノートに! 超音波式デジタルペン『airpen』が『Evernote』と連携
アメリカで大ヒット! 新感覚の電子メモパッド『Boogie Board』をキングジムが発売へ
液晶画面にタッチペンで手書きできる卓上メモ『マメモ』キングジムから発売