親指操作の5ボタントラックボール『ロジクール ワイヤレス トラックボール M570』発売へ

写真拡大




ロジクールは、『ロジクール ワイヤレストラックボール M570(以下、M570)』を10月15日より発売します。単三乾電池1本で最大18か月使用可能で、『ロジクールUnifying』に対応。価格はオープンですが、同社直販サイト『ロジクールオンラインストア』価格は4980円(税込み)です。

ロジクール ワイヤレス トラックボール M570『M570』は、ボールの動きを検知するのにレーザーセンサーを採用した5ボタンのワイヤレストラックボール。『ロジクールUnifying』対応により、超小型レシーバーで最大10mの操作距離を実現するとともに、キーボードなどを同じレシーバーに追加接続できる拡張性を可能にしています。

ロジクール ワイヤレス トラックボール M570戻る/進むボタンを搭載することで、ブラウザの操作も快適。ホイールボタンと戻る/進むボタンには、「コピー」「ペースト」などの機能割り当てや、アプリケーションごとの個別設定を行えます。また、『M570』は一般的なマウスとは違い、本体を動かす必要がないため、狭いスペースや柔らかいソファ、ベッドの上などでも精確なカーソル操作が可能。操作のために腕を動かしたり本体を持ちあげる必要がないので、手や手首が疲れにくく長時間でも快適に使用できます。

単三形乾電池1本で、最大18ヵ月電池交換が不要。対応OSは、Windows XP/Vista/7、Mac OS X(10.5以降)、本体サイズはW95×D145×H45mm、重さ142g、レシーバーのサイズはW14.4×D18.7×H6.1mm、重さ2gです。
 
 

■関連記事
2社から同時期に発売!? 5ボタンマウス型トラックボール製品レビュー
『PS3』も可! マウス&キーボードを2台のパソコンやゲーム機で共有できるスイッチ
水洗いできる! サンワダイレクトが防水仕様のシリコンマウスを発売
クリエイティブプロフェッショナル仕様のマウス『Logicool Wireless Mouse G700』の性能は?
エレコムから長方形3ボタンレーザーマウスと多機能5ボタンワイヤレスレーザーマウス発売へ