手元のPCが緊急地震速報機に早変わりする『地震の見張り番』

写真拡大

株式会社センチュリーは、ソフトウェアをインストールすることでPCが緊急地震速報機になる『地震の見張り番(JISIN-A1)』を発売した。

地震の到達をカウントダウンでお知らせ 『地震の見張り番』は、PCにインストールして使用する緊急地震速報ソフトウェアだ。地震の揺れが到達する前に、音声と画面で知らせてくれる。

本製品のポイントは、「高度利用配信」と「現地演算方式」による、迅速かつ正確な情報だ。このため地震の規模や、揺れが到達するまでの時間をカウントダウンで知ることができるのだ。

なお、本製品はPCのソフトウェアとして動作するため、PCが起動していないと使用できない。また、動作中はインターネットにアクセスするため、ネット環境も必須となっている。

価格は2980円(税込)で、月々の情報配信料として315円(税込)が必要となる。なお、利用開始から3か月はお試し機関として情報配信料が無料になっている。

Editor's eyes PCが起動していないと使用できないのは少し残念だが、「高度利用配信」と「現地演算方式」による高精度の情報を手軽に活用できるのはありがたい。静音型のPCを用意して専用機にしてしまうのも面白そうだ。

▼外部リンク

株式会社センチュリー
詳細ページ


■関連記事
NTTドコモ、機能増強済みFOMAユビキタスモジュール発売へ
トラックボール内蔵の小型ワイヤレスキーボード『SKB-WLTR01BK』
古いテレビでもインターネット動画が楽しめる『AQUOSネットチューナー』
キティモデルのフットマッサージャーとアルカリイオン整水器
ピーナッツ60周年でスヌーピー等が描かれた花札が発売に