■第9試合 ウェルター級/5分3R
クリス・ライトル(米国)
Def.3R終了/判定
マット・セラ(米国)

地元ライトルのサポーターが、セラに大きなブーイングを送る。得意の低い姿勢で、見えない角度からの右フックを繰り出していくセラだが、ガードを固めて前に出るライトルは、セラと同様に低い姿勢をとる。

顔面に右の拳が届かないのならばと、ボディを打つセラに、ライトルも右フックを放っていく。セラの飛び込みに合わせてパンチを返すライトルだが、徐々に上半身が立ってくる。組みついてきたセラに、右フックを打ち込んだライトル。セラのボディ打ちに力が籠る。

再び姿勢を低くしたライトル。左ジャブを伸ばしながら、前に出てくるセラに右を打ち込む。左瞼をカットしたセラは、後ろに下がればヒットする得意のフックが、ライトルの前進によって封じ込まれてしまい思うように試合を作ることができない。

2R、両者のフックが交錯し、セラがヒザをマットにつく。立ち上がって、逆にフックを打ち込んだセラだが、上体が揺れ、パンチを打つ際の姿勢が崩れていく。場内のライトル・コールに後押しされ、右アッパーを打ち込んだライトル。さらに左ジャブを打ち込み、右フックを振るっていく。

ボディフックからアッパー、フックとライトルは右一辺倒のパンチでセラの動きを止めにかかる。疲れが目立ち、動きが遅くなってきたセラに、右フックを重ねるライトル。セラの前進に棒立ちになりそうなシーンもあったが、右アッパーを打ち込みペースは譲らない。右だけでなく左の精度も上がってきたライトルは、思い切り左右のパンチを打ち込む。

ライトルが完全にペースを握った2Rが終わり、試合は最終ラウンドへ。足を滑らせ、一瞬姿勢が乱れたライトルを見て、果敢に前に出たセラだが、逆にパンチを受け、テイクダウン狙いも拒まれるなど、試合のリズムを変えることができない。

ローに右フックを合わせたライトル。疲れが溜まる中で、両者とも手を出し続ける。左右の目尻をカットしたセラは、瞬発力がなくなりつつも、必死に右を放っていく。一方のライトルも、疲れで低い姿勢を保つことはできないが、リーチで上回ることもあり、疲労困憊のセラのパンチを受けるシーンはほとんどない。

残り1分、リズミカルに左ジャブを繰り出すライトルは、セラが起死回生を狙ったバックブローをかわして、左右のフックを打ち込む。終了10秒前には、意外なほどスピードのある右ハイキックも放ったセラだったが、これは空を切り万事休す。試合終了となり、ジャッジ3者ともフルマークを付け、ライトルが判定勝ちを手にした。