■第8試合 ライト級/5分3R
ショーン・シャーク(米国)
Def.3R終了/判定
エヴァン・ダナム(米国)

サウスポー&長身のダナムに、オーソドックスで頭一つ身長の低いシャーク。まずはシャークの左ローで試合が始まる。ダナムはハイキックをかわされた後、右を伸ばすが、シャークもすぐにパンチで応える。

ダブルレッグでダナムを大きく抱え上げ、テイクダウンに成功したシャークは、ダナムのギロチンに顔を真っ赤にしながらも首を引き抜き、トップを奪取。スイープでシャークの体を跳ね上げたダナムだが、シャークはトップをキープしハーフから左右のパウンドを落としていく。

ケージを背に立ち上がったダナムに対し、シャークはここでも低い姿勢から飛び込みダブルレッグでテイクダウンを奪う。立ち上がったダナムのギロチンを、強引に体をねじって逃げようとしたシャークは、バックを取られ足をフックされる。ここで立ち上がったシャークはダナムを前方に振り落し、強烈な左エルボーを落とすと、一発で右目尻をカットし、ダナムは大流血。立ち上がったところで、レフェリーがドクターチェックを要請する。

再開後、すぐに初回が終了したが、ダナムは流血を気にする素振りを見せる。

2R、開始直後に組みついてダナムをケージ際に追い込んだシャーク。ここでもダナムがタイトなギロチンを見せるが、首の太いシャークはすぐに首を引き抜いていく。

ハイクラウチを左右の足に仕掛け、ダナムのギロチンには体をねじって防ぐシャーク。離れ際の左から、すぐにテイクダウン狙いと削り合いは続く。シャークのテイクダウン、ダナムのギロチン合戦は、ここでもシャークに軍配が上がる。

倒されては立ち上がる展開が続くダナムは、流血で体力を消耗するなか、オクタンゴン中央の打撃戦でも思うようにパンチを入れることができない。シャークはダナムの蹴り技をよけ、ロングレンジのパンチにも姿勢を低くし、パンチを繰り出していく。

執拗にミドルや前蹴りを見せるダナム。シャークのテイクダウン狙いを封じ込めパンチの打ち合いに持ち込むと、これに打ち勝ってニーを顔面に蹴りあげる。ラウンド終盤の打ち合いはダナム優勢の印象を与えた。

3R、左右のフックからダナムが放った左ハイで、シャークの動きが一瞬止まり、姿勢が乱れる。必死に組みつくが、序盤のようなキレはないシャーク。それでも、ダナムをケージに押し込みダブルでテイクダウンを奪うが、すぐに立ち上がられてしまう。

執拗にダナムをケージに押し込み、今度は左足へのシングル、そして、ハイクラウチからダブルへ切り替えるシャーク。そのワキを差しあげ、距離を取ったダナムは右から左を伸ばし、左アッパーにつなげる、

パンチで抵抗を試みるシャークだが、相打ちのタイミングではリーチに勝るダナムが優勢だ。ならばと組みつくシャークだが、ダナムはがぶりからヒザを頭部に見舞っていく。ダナムの右ストレートから、左ストレート、前蹴りでケージ際に釘つけとなってしまったシャーク。ここにダナムのフライグニーが襲う。前に出てくるシャークに対し、パンチ、前蹴り、ニーで封じ込めたダナム。シャークも終了間際、足を止めてフックを放つ。そんなシャークの必死の攻撃を、ダナムはしっかりと受け止めてパンチを返していく。

観客の声援に包まれ試合はタイムアップとなった。「アイ・ラブ・ディス・スポーツ」と叫び、さながらファイターズ・ハイの状態にあるダナム。ジャッジの裁定は、29-28、29-28、29-28でシャークに軍配が上がった。「ジャッジの裁定には何も言えないよ。1Rに良いのをもらったからね」と不満は口にしなかったダナムだが、ギラードの勝利といい、やはりジャッジの裁定基準を見極めるのが非常に難しい北米MMAだ。