■第7試合 ライト級/5分3R
メルビン・ギラード(米国)
Def.3R終了/判定
ジェレミー・スティーブンス(米国)

いきなり大振りの右を振るいながら前進したギラードだが、スティーブンスの右のカウンターを受け、尻もちをつかされる。低いガード、遠距離からの飛び込みを見せるギラードに対し、カウンター狙いで落ち着いて構えるスティーブンスは、右ローでスイッチを見せる対戦相手の前足を狙う。

前に出てこなくなったギラードに変わり、自ら攻めるようになったスティーブンスだが、やや力みが目立つ。足を使ってスティーブンスの攻撃をかわしたギラードが、序盤とは逆にカウンターを狙う展開となり、初回が終わる。

スティーブンスの右ローで始まった2R。初回よりも距離が縮まり、ギラードは左右のフック、蹴りを見せる。プレッシャーをかけるスティーブンスは、左フック、左ミドルを見せ、右フックから左ミドルを繰り出し、組みついていく。ギラードのエルボー狙いを避け、距離を取ったスティーブンスの顔面をギラードの右がかすめる。

左ミドルで自分の距離を作ろうとするスティーブンスだったが、ギラードのローが急所に触れ、試合は一時中断する。再開後、右ローを入れたスティーブンスが、距離を詰めていく。右をヒットさせたギラードは、パンチを当てるとすぐに下がるヒット&アウェイを見せるも、スティーブンスの蹴りを急所に受け、苦悶の表情を浮かべる。

2度目の中断を経て、拳を合わせた両者。ギラードは左のジャブから右を見せ、スッと距離を取る。スティーブンスは右ミドル&右ローで、ギラードの左へのステップワークを封じ込めようと試みる。

観客の目に映るアクションが少ない展開のまま、試合は最終ラウンドへ。ギラードの左ジャブに右ローを合わせるスティーブンス。ギラードの大きな振りの右にも右ローを合わせていく。一瞬のパンチの交錯の後、スティーブンスが組みつくが、すぐに自ら距離を取る。

互いに連打がなく、距離を詰めて一発を放ち、離れるという展開が続くと、場内にはフラストレーションが溜まり、その不満はブーイングに変化する。ギラードの左にヒザを合わせたスティーブンスは、同じく左を重ねていく。と、スティーブンスの左ボディでギラードがバランスを崩す。足を使う展開にやや疲れたのか、汗の目立つギラードの手数は減り、動きが直線的になってきた。

スティーブンスが右を当て、首相撲の態勢からヒザを突き上げたところで試合終了のホーンが鳴った。ある意味、下段蹴り有り&直接打撃を認めた伝統派空手のような試合となった一戦は、29-28、28-29で一票ずつ獲得したのち、最後のジャッジが30-27でギラードを支持したことが告げられ、結果、微妙なスプリット裁定となった。