【NANIOの閑話休題】キャバ嬢拉致って…、アフォですか?(^^;

写真拡大

Illustration by Mika Onishi
失笑を禁じ得ない、おマヌケ事件勃発! 福島県警双葉署は23日、キャバ嬢2人を車で連れ回した監禁の疑いで、千葉県船橋市の無職・南部茂容疑者(54)と三上敏夫容疑者(57)を現行犯逮捕したそうです。両容疑者は、被害者のキャバ嬢達が勤務する船橋市内のキャバクラの常連で、22日に都内で女性2人にプレゼントを買ってあげた後に同伴出勤するつもりだったらしいんですが、それを拒まれたことに激高し、拉致して車で福島県まで連れ回していたんだそうです。ほとんど阿呆、です。
『同伴出勤』を断られるなんて、よっぽどのコト(汗 そもそも、キャバクラにおける『同伴出勤』というのは、詳しく言えば、出勤前に客と食事などをして、そのままお店に連れていき、そこで改めて「お客として」接する、「営業活動」の一環。
 客としては、店の外で、私服のお気に入り嬢と「“至福”のひととき」を味わえるチャンスなワケですが、キャバ嬢にとっては、所詮ほとんど営業活動の一環に過ぎず、それはつまり、よっぽどじゃない限り、極めて事務的なサービスの一環であることが多いのです。キャバ嬢には、実は「ノルマ」などが科せられていることが多く、そのノルマを消化するために、別段好きでもない客と店外デートをしなくてはならないこともままあるわけですね。
 しかも、キャバ嬢的には、店の営業が終わってからお客と店外デートをする、いわゆる『アフター』(営業成績には直接はつながりません)に比べて、『同伴出勤』は、成績と身の安全がそれなりに保証されるワケなので、フツーならば、ちゃんとご飯をおごってもらったり、プレゼントをもらったりした後は、お店もご一緒してもらってあたりまえなのです。それがキャバクラシステムなのですから。
老いてなお「お盛ん」すぎたオヤジたちの哀れ。 にもかかわらず、今回、この2人のキャバ嬢は、それを拒んだ。ということは、よっぽどこの阿呆男2人組は、かなり…否、ひどく嬢から嫌われていたんでしょう。大体、同伴を断られるなんて、およそあり得ないハナシなんです…。でも、アタマに来て拉致ってしまうような愚かなオトコたちなんですから、ムリもないと思いますが。
 事件を起こした男二人、54歳と57歳。今現在働いているキャバ嬢は大体18歳〜20代前半が主流です。そう考えると、もう「父と娘」くらいの年の差なわけです。しかも2人は無職! 無職なのにキャバクラに行って、お嬢に無茶してイイ顔してプレゼント貢いで、一体何をしようと企んでいたのでしょうか? 考えるだに「キモい〜!」というキャバ嬢の悲鳴が、繁華街の方から聞こえてきます。
 まぁキャバ好きな僕も、せいぜいこんな「キモ客」にならないように気をつけないと…と、“キモ”に命じた失笑事件でした。
【文/NANIO】

■関連記事
【小学生目線】で考える、尖閣諸島沖・中国漁船衝突事件の顛末
トイズワークスフィギュア『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 高坂 桐乃』
役不足は褒め言葉―現代人の言葉の誤用―
成人映画館―発展途上市名古屋のみらい―
【第5巻発売記念】カラスヤサトシ先生がサイン本行脚【Twitter実況】