HD画質H.264形式でキャプチャできる『MONSTER HD 264』は生放送で使えるか試してみた

写真拡大

エスケイネットは最大1920×1080pのHD映像をキャプチャすることができるH.264リアルタイムエンコーダ『MONSTER HD 264』を発売しました。『MONSTER HD 264』はUSBバスパワーで動作するため気軽に持ち運ぶこともできる、リアルタイムキャプチャユニットです。「じゃ、これを使えば、ビデオカメラを使った生放送や、ゲーム実況などが簡単に出来るんじゃね?!」というわけで、ガジェット通信はこの高画質エンコーダを生放送用に試してみることにしました。

『MONSTER HD 264』の一番の特徴は、最大1920x1080pのH.264HDのリアルタイムエンコードに対応していることです。また、HDMIのほかにコンポーネント、コンポジットビデオ、Sビデオ、音声入力と豊富な映像入力端子も特徴です。カメラからのリアルタイム取り込みや昔のビデオに収められたアナログ映像をH.264形式で高画質にデジタル化することができます。

S端子でつなげましたサイズはW155×H30×D120mmと邪魔にならない大きさ。ノートパソコンを使っている記者にとってもこれは便利なサイズです。今回は『プレイステーションポータブル』(以降、PSP)を繋げてみます。

ちなみにパソコン環境は、OS:WindowsXP(32bit版)、メモリ:4GB、CPU:Core2 Duo(2.53GHz)というもの。別売りケーブルのS映像端子と音声入力を使って『PSP』に繋げました。『MONSTER HD 264』では、映像信号の入力を感知すると自動的に録画を開始し、信号が途切れると自動で録画を停止してくれます。画質はかなり!綺麗です。

今回は生放送用の配信検証ということで、まずはゲームのプレイを試してみます。プレイしたのは『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS』というアクションゲーム。取り込み用のフレームレートは30.0fps、ビットレートは20000kbpsに設定。

今回の設定では、ゲームのボタンを押してから映像に反映するまで約3秒近くかかりました(ちなみにPSPでは、外部出力するとPSP本体のディスプレーに映像が表示されなくなります)。記者がプレイした『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS』では3秒の遅れが勝敗を左右します。3秒後の敵の動きを考えながら戦うなんて、まさにニュータイプみたいな行為。ということで、どうやら『MONSTER HD 264』を経由した映像のみでPSPのゲームを遊びつつ、キャプチャするのは難しいかもしれません。

動画は綺麗に再生できます次にPSPのメモリースティックに映像を入れて再生してみます。先程も言いましたが、画質はかなり綺麗に写ります。ボタンを押した後の反応速度はどうしても気になりますが、映像を見始めたらボタンをいじることも無いので全く気になりません。録画ボタンを押して、録画を開始してもラグが発生することはありませんでした。録画した画面もかなり綺麗に写っています。音質も劣化は感じません。

こんなエラーが発生してしまいましたでは『MONSTER HD 264』を使って『ニコニコ生放送』をすることはできるのでしょうか。もしできたら、高画質配信やゲーム実況を簡単に行えます。早速試してみました。繋げたビデオカメラはSONYの『HDR-CX500』です。

『ニコニコ生放送』の高画質放送をする際に使用する『Flash Media Live Encoder』を起動。すると……お! デバイスは認識しました。『SKNET H.264 Capture』です。早速接続を……とここでエラーが発生。「ビデオキャプチャに問題が発生しました」と出てきてしまいました。

詳しく調べてみたところ、『MONSTER HD 264』はリアルタイムでファイルに取り込むソフトのため、『Flash Media Live Encoder』には対応していないそうです。公式HPにある有償の開発キットを使い、自分で作成することができるようです。『MONSTER HD 264』を使いリアルタイムで表示させている映像を『ManyCam』などを使いデスクトップをライブ配信すれば使えるかもしれません。

パソコンにつなげると電源ランプが付きます『MONSTER HD 264』は保存専用のガジェットという結論になりました。ただ、かなりの高画質、高音質で保存することができます。また、先ほどのゲーム配信もビデオデッキなどを使って映像を分配すれば、『MONSTER HD 264』で保存しながらのゲーム配信も可能となりそうです。

『MONSTER HD 264』はドライバソフトの動作も軽いので、ノートパソコンでの起動も問題ありません。『ニコニコ生放送』や『ustream』などでの取り込みとして使うことは出来なくてもゲームなどの『プレイ動画』の撮影にはかなり便利そうです。価格はオープンで、SKNETオンラインショップでは4万9800円(税込み)で販売されています。いろいろな映像ソースを高画質でエンコードしたい方にオススメです。

■最近の注目記事
キャラクター抱き枕を振り回して楽しむライブがある!
あなたは知ってる? 日本で2番目のアレ……
『ニコニコミュージカル』ワークショップってどうなのよ
え? これも駄目なの!? 女性に聞いた“男性のこんなファッションは嫌だ”
「島根にパソコンなんてあるわけないじゃん!」 Googleで「島根に」と検索したら……