“無敗の男”ヒクソン・グレイシーが緊急来日! 日本、総合格闘技への想いを語る

写真拡大

 “400戦無敗の男”として知られる総合格闘家のヒクソン・グレイシー氏が、著書『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』(ダイヤモンド社/刊)の出版を記念したサイン会を東京・ブックファースト新宿店で行った。

 サイン会に先立って行われた記者会見で、ヒクソン氏は「この本を通して、100%の情熱で挑んでいくという気持ちを日本人に見て欲しい」とコメント。その上で、「どのような職業も成功するためには同じ要素を揃えなければいけない。それは努力や勇気、戦略であったりするが、こうした要素を使って強いメンタルをキープできる」と、ヒクソン氏の強さの秘訣を明かした。

 現在の総合格闘技について聞かれると、「残念ながら、格闘技の良いところが抜けている。格闘技を通してより良い社会人になるのが武道の目指すべきところ。ショーのために盛り上がっているが、それだけでは物足りない」と厳しい檄を飛ばした。
 また、自身の引退については「今後、プロとして試合はするつもりはない」と名言し、後進の指導やグレイシー柔術の普及に尽くしていく考えを明らかにした。

 ヒクソン氏の人生観、“武士道”の哲学、メンタルの強さの秘訣が詰まった『ヒクソン・グレイシー 無敗の法則』は9月25日に全国の書店などで発売される。
(新刊JP編集部/金井元貴)


【関連記事】  元記事はこちら
清原和博はいかにしてスター選手として駆け上がっていったのか
プロ野球界の名将と経営界の名将の“往復書簡”
目標に向かってがんばる人を応援する“励ま詩”とは?

【新刊JP注目コンテンツ】
風水を活用した、受験・資格勉強を成功させる環境づくり!!(新刊ラジオ 第1238回)
加ト吉の広報部長さんのツィツター生活を大公開!(新刊ラジオ 第1237回)