杉本彩が離婚してはじめて気がついたこと

写真拡大

 両親の不和や自殺未遂、自身の結婚・離婚など、女優・ダンサーとして活躍する杉本彩さんの波乱に富んだ半生はこれまでにも様々なメディアで紹介された通り。しかし、それが一冊の本としてまとまったものを読むと、その壮絶さや、それらをことごとく乗り越えてきた杉本さんの強さや勇気が切実に伝わってきます。
 今回、新刊JP編集部は、自叙伝を出版した杉本さんにインタビュー、お話を伺いましたが、本のタイトルにもなっている『リベラルライフ』(梧桐書院/刊)という生き方に辿り着くまでの杉本さんの闘いは、やはり困難に満ちたものだったようです。


■「結婚という制度は無意味」
―今回、自叙伝という形で杉本さんの生き方を一冊の本にまとめようと思われたきっかけは何だったのでしょうか。

杉本「私はアルゼンチンタンゴをベースにしているエンターテインメントをやり続けているのですが、タンゴという自分が最も情熱を傾けられるものを中心に、人生で何かに情熱を傾けることがどれだけ大切かということ、また女優として、ダンサーとして、経営者としても、情熱を燃やすことで発見できたさまざまな経験や気づきを本にしたいと思っていました。
でも、書いている間に私のビジネスで大きな問題が起こりまして、経営者である自分のことも書くつもりで進めていたので、自らの経営者としての選択ミスに及ぶまで、まだ生々しい傷痕が残る現状を書かざるをえなくなってしまったのです。最初は躊躇もありましたが、何のために、だれのために書くのかが自分の中で明確になっていって、それは徐々に、書くべきだという強い確信に変わってきたんですね」

―杉本さんといえばタンゴや『芸能人社交ダンス部』で見せたようなダンスのイメージが強いですが、タンゴとの出会いはどのようなものでしたか?

杉本「出会った瞬間は、この、心揺さぶられる感覚はいったい何なんだろうという感じで、それから導かれるようにタンゴの世界に入っていきました。それが何なのかを追い求めて、その答えを探し続けているうちに、どんどん自分の中で眠っていたものが目覚めていったというわけです」

―本書『リベラルライフ』をどんな人に読んでほしいとお考えですか?

杉本「昔の私と同じように、さまざまな呪縛に苦しみながら生きている人ですね。何かしら迷いを持っていたり、世の中の常識や因習にとらわれ過ぎて息苦しさを感じている人たちに読んでほしいです。
例えば仕事においても、結婚においても、家族のしがらみにおいても、あらゆるところに呪縛はあると思うんです。そういった人の中には、自分が苦しんでいる呪縛が間違った刷り込みによるものだということに気づいていない人や、自分が何に苦しめられているのかさえわからない人もいます。そういったことは、幸福な人生を求める時にすごく邪魔なものです。
間違った刷り込みによる呪縛の苦しみから解放されてほしい、というのが一番の書く意味だったのかなと思っています」

―本書を読む限り、杉本さんにとっての“呪縛”の一つに“結婚”があったように思えます。離婚を経て、現在は結婚という“呪縛”から離れた杉本さんですが、そういった立場になって新たな発見はありましたか?

杉本「そうですね、結婚という制度が無意味だということ。これは結婚、離婚をしてみないと気付かなかったことではあります。
結局、結婚は制度であって、結婚という契約をしたからといって愛が保証されるものではありません。それどころか、お互いに自分のものになったかのような錯覚をして、甘えが生じて、本当の絆を築いていくうえで邪魔なものになることもあります。でも多くの人は、それに気づいていないように思います。結婚イコール幸せという幻想を、だれが刷り込んだのかわからないですが、“結婚することで幸せになれる”と盲目的に信じている人がたくさんいて、それによって自由な生き方ができなくなって、結果、自分を苦しめている人もいます。
結婚すること自体を否定しているわけではありませんが、自分ではないだれかの幸福観に惑わされて自分の生き方や幸せを見失うことは愚かなことだ、ということに気づいてほしいです」

(第2回 「本物を探し求めてそれを得ることは、並々ならぬエネルギーや精神力、体力がいること」 につづく


【関連記事】 元記事はこちら
「既成概念を打ち破るリーダーの登場を育てたい」 心拓塾の主宰者・秋沢志篤氏の新刊が登場
女優・杉田かおるが10キロ痩せたダイエット法を伝授
アイドルからAV女優へなった理由とは?『本名、加藤まい〜私がAV女優になった理由〜』著者・原紗央莉さんインタビュー

【新刊JP注目コンテンツ】
風水を活用した、受験・資格勉強を成功させる環境づくり!!(新刊ラジオ 第1238回)
加ト吉の広報部長さんのツィツター生活を大公開!(新刊ラジオ 第1237回)