SoftbankがFlashに対応したAndroid2.2の提供を発表 『ニコニコ動画』も見れるように

写真拡大

ソフトバンクモバイルは、HTC製のスマートフォン『HTC Desire SoftBank X06HT』と『HTC Desire SoftBank X06HTII』向けに、Android2.2を提供することを発表しました。提供は10月8日からとなっています。『HTC Desire SoftBank X06HTII』は9月下旬発売予定で、3.7インチTFT液晶ディスプレイ、高性能1GHzのCPU『Snapdragon』を搭載しています。

Android2.2になると、『Adobe Flash 10.1』が搭載され、『ニコニコ動画』や『Ustream』の視聴をすることが出来るようになります。また、JavaScriptの実行速度が向上し高速なウェブブラウジング環境を実現し、画像や動画ファイルを直接ウェブ上にアップロード可能になりました。他にもマルチタッチに対応、アプリケーションの一括アップデート、アプリケーションのSDカードへの保存など新機能も多数あります。

また、Android2.2にあわせて、同日より『HTC Desire』シリーズでS!メール(MMS)を利用可能にする専用アプリケーション『SoftBankメール』の無料提供を開始します。このアプリケーションにより、『~@softbank.ne.jp』や『~@x.vodafone.ne.jp』に対応し、絵文字も送受信できます。この機会に『HTC Desire』を購入し、いち早くAndroid2.2を体感してみませんか?

画像:『HTC Desire SoftBank X06HTII』から引用(http://mb.softbank.jp/mb/product/X/x06ht2/)

■関連記事
ソフトバンクのAndroidスマートフォン『HTC Desire』が10月にAndroid 2.2にアップデートを予定 Flashにも対応可能に
スマートフォン向け エレコムの折りたたみ式Bluetoothキーボード『TK-FBP017BK』がマルチペアリングに対応
『FF14』ロゴ入り推奨モデル USBゲームパッドとマウス&キーボードなど発売へ
『PS3』も可! マウス&キーボードを2台のパソコンやゲーム機で共有できるスイッチ
好きな色に光らせて使えるプログラマブルキーボードがパワーアップ! 『LUXEED raMa』