トラックボール内蔵の小型ワイヤレスキーボード『SKB-WLTR01BK』

写真拡大

サンワサプライ株式会社は、持ち運びにも便利なコンパクトボディにレーザー式トラックボールを内蔵したワイヤレスキーボード『SKB-WLTR01BK』を発売した。

付属レシーバーもコンパクト 『SKB-WLTR01BK』は、電波の到達距離の長い周波数2.4GHzワイヤレス方式タイプのトラックボール付きコンパクトワイヤレスキーボードだ。製品に付属するレシーバーをPCにセットするだけで使用でき、最大10m離れた場所からでも動作が可能となっている。

本体にはレーザー式トラックボールが内蔵されており、本製品だけでマウスポインタを動かしてPCを操作することができる。

キーボードには、コンパクトサイズでも打ちやすいパンタグラフキー方式が採用されており、ノートPCと同様、軽くて浅いキータッチに仕上げられている。

電源として単4形乾電池×2本を使用するが、市販の充電池も利用できる。なお、充電池を使用する場合には、付属のUSBケーブルを使って充電することもできる。

本体サイズはW294×D101×H28mmで、重量は約230gだ。アルカリ電池を使用した場合、1日8時間の使用で約1か月の電池寿命がある。なお、価格は14,490円(税込)となっている。


Editor's eyes 本製品はワイヤレスで使用でき、しかもコンパクトなので、リビングに設置したPCの操作に最適だ。キーピッチも16mmが確保されており、文章入力も苦にならないだろう。

▼外部リンク

サンワサプライ株式会社
リリース


■関連記事
ピーナッツ60周年でスヌーピー等が描かれた花札が発売に
両耳タイプで業界最小クラスのBluetoothステレオ・イヤホンが登場
業界最高の100lm/Wを超えるLED電球『ミニクリプトン形5.4W』
パナソニックがシンプルでエコな19V型ハイビジョン液晶テレビを発売
サンワサプライがワイヤレステンキー『NT-WL15UBK』を発売