先週15日(水・現地時間)、テキサス州オースティンで、UFC Fight Night 22「MARQUARDT vs PALHARES」を開催したばかりのズッファ。今週末25日(土・現地時間)には、インディアナ州インディアナポリスのコンセコ・フィールドハウスで UFC119「MIR vs CROCOP」が続き、14日に正式発表したUFC123まで、3ヶ月8大会となる怒涛のイベントラッシュが本格的に幕を開ける。

今月30日(木・同)には、コロラド州ブルームフィールドでWEC51「ALDO vs GAMBURYAN」。来月16日(土・同)には、英国ロンドンのO2アリーナでUFC120「BISPING vs AKIYAMA」、同じく来月23日(土・同)には、カリフォルニア州アナハイムでUFC121「LESNAR vs VELASQUEZ」。11月13日(土・同)には、ドイツ・ケーニッグピルスナーアリーナを舞台に岡見勇信がヴィトー・ベウフォートと激突する UFC122、そして、前述した通り、11月20日(土・現地時間)ミシガン州デトロイトのザ・パレス・アット・アーバンヒルズでは、リョート・マチダ× ランペイジ・ジャクソンをメインに据えたUFC123が開催される。

また、20日深夜には、ユライアの負傷によって一度は流れた水垣偉弥×ユライア・フェイバー戦をメインとするWEC52を、11月11日(木・同)にネバダ州ラスベガス、ザ・パームスで開催するという正式リリースも届いている。21日現在、大会概要&決定分対戦カードは下記の通りだ。

■UFC119「MIR vs CROCOP」
9月25日(土・現地時間)
米国インディアナ州インディアナポリス/コンセコ・フィールドハウス

<ヘビー級/5分3R>
フランク・ミア(米国)
ミルコ・クロコップ(クロアチア)

<ライトヘビー級/5分3R>
ライアン・ベイダー(米国)
アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
マット・セラ(米国)
クリス・ライトル(米国)

<ライト級/5分3R>
エヴァン・ダナム(米国)
ショーン・シャーク(米国)

<ライト級/5分3R>
メルビン・ギラード(米国)
ジェレミー・スティーブンス(米国)

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー(米国)
ジョー・ダークセン(カナダ)

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオン(米国)
ジョーイ・ベルトラン(米国)

<ライト級/5分3R>
スティーブ・ロペス(米国)
ウェイロン・ロウ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
TJ・グラント(カナダ)
ジュリオ・パウリノ(米国)

<ヘビー級/5分3R>
マーク・ハント(ニュージーランド)
シェーン・マッコール(米国)

■WEC51「ALDO vs GAMBURYAN」
9月30日(木・現地時間)
米国コロラド州ブルームフィールド/1stバンクセンター

<WEC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]ジョゼ・アルド(ブラジル)
[挑戦者]マニー・ガンバーリャン(米国)

<ライト級/5分3R>
ジェイミー・バーナー(米国)
ドナルド・セラーニ(米国)

<バンタム級/5分3R>
ミゲール・トーレス(米国)
チャーリー・バレンシア(米国)

<フェザー級/5分3R>
ジョン・チャンソン(韓国)
ジョージ・ループ(米国)

<フェザー級/5分3R>
レオナルド・ガルシア(米国)
マーク・ホーミニック(カナダ)

<フェザー級/5分3R>
マイク・ブラウン(米国)
コール・プロヴァンス(米国)

<ライト級/5分3R>
クリス・ホロデッキー(カナダ)
エド・ラトクリフ(米国)

<フェザー級/5分3R>
テイラー・トナー(米国)
ディエゴ・ヌン(ブラジル)

<バンタム級/5分3R>
アントニオ・バヌエロス(米国)
チャド・ジョージ(米国)

<バンタム級/5分3R>
デミトリウス・ジョンソン(米国)
ニック・ピース(米国)

■UFC120「BISPING vs AKIYAMA」