来月10月よりtvkでアニメ『巨人の星』がゴールデンタイムに放送

写真拡大


スポ根アニメの頂点にして現在でも不朽の名作として人気を集める『巨人の星』は、大リーグ養成ギブスや消える魔球など人々の記憶に残る斬新なアイデアで放送当時も高い支持を得ていたようです。

2010年10月4日(月)からtvkでは、この巨人の星を放送することを決定。毎週月曜日から金曜日まで2話ずつオンエアされるということですが、時間帯もゴールデンタイムのど真ん中である19時台とtvkもキラーコンテンツとして期待している部分も大きいのではないでしょうか。

現在、地上波では昔に比べてあれもダメ、これもダメな厳しい規制の下で放送が行われています。昔のアニメやドラマにはどうしても放送できないセリフが含まれていることも多く、その場合、無音による加工が行われることもあるため、巨人の星でも例の如く無音で放送されてしまう部分が出てくる懸念もあるようです。

一例として今から10年くらい前にテレビ東京の早朝枠でキン肉マンが放送されていた時には、『西ドイツ代表』というセリフが無音修正に、さらにはキン肉マンが君が代を独唱するシーンでは『キン肉マンの歌があまりにも酷いので...(中略)』というテロップが出てきては、歌声が消されているということがありました。


▼外部リンク

巨人の星 - Wikipedia


■関連記事
『パンツじゃないから恥ずかしくないもん!』というわけにはいかず、ズボンをハサミで切った男が逮捕
オリコから豪華4大特典も用意された『ストライクウィッチーズカード』
メディアファクトリーよりフラッパーシリーズコミックスがリリース。サトラレ作者の新境地も!
PS3/PSPユーザーショック!PSNのアカウントが不正利用される
明日21日から『PS3システムソフトウェア バージョン3.50』がリリース