【東京ゲームショウ2010】美人コンパニオン集 今年もお届け!第一弾!

写真拡大




9月16日(木)から19日(日)までの4日間、千葉の幕張メッセにて開催された『東京ゲームショウ2010』14の国・地域から194の企業・団体が出展した今回、総来場者数は過去最高の207,647人が訪れ会場を賑わした。ゲーム業界の低迷がささやかれる昨今だが、ゲームファンの注目度はより一層高まっているようだ。そんな今回の『東京ゲームショウ2010』を、キレイなコンパニオンのお姉さんたちの写真とともに、ふりかえってみた。(この記事は一部のニュース媒体ですべての写真を表示できません。すべての写真を見たい方は写真を掲載した記事ページをあわせてご覧ください
TGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさん

年末商戦に向け、各メーカー注目のタイトルが目白押しだったが、その中でもやはり注目度が高かったのが、カプコンより12月1日に発売する『モンスターハンターポータブル 3rd』で、ダントツの人気をはくしていた。ブースには常に長蛇の列ができており、列に並ぶことさえ規制されるほどであった。

前作『モンスターハンターポータブル 2nd G』は全世界で350万本の売り上げをほこる、まさにモンスターなソフトで、子供だけでなく多くの大人も狩りに夢中となり、多くの会社で昼休みに集まってゲームを興じる『モンハン部』が発足された。一時期名刺交換のあとに「モンハンやってます?」が挨拶のように交わされるほどであった。どんなビジネスマナーやねん。それだけにいち早く触りたくてファンが殺到するのはうなずける。

TGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさん

また、同時に発売される特別版PSP『ハンターズモデル』にも多くの注目が集まった。大容量バッテリーが標準搭載となるため、デザイン自体も厚みをもたせ、グリップやバランスを考えたデザインになっている。これで疲れることなく狩りに集中できるというものだ。

細部にこだわりがあり、特別仕様のアナログパッドは、より快適な狩りができるように設計され、スピーカーの穴の部分は、人気キャラクター『アイルー』の肉球のかたちをしている。カラーはマットブラックxゴールドのみで、背面には紋章がプリントされている。販売価格は19,800円。

TGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさんTGS2010キレイなおねえさん

■注目記事
【東京モーターショー2009】美人コンパニオン写真集!第六弾-FINAL-
【東京モーターショー2009】美人コンパニオン写真集!第五弾
【東京モーターショー2009】美人コンパニオン写真集!第四弾
【東京モーターショー2009】美人コンパニオン写真集!第三弾
【東京モーターショー2009】美人コンパニオン写真集!第二弾