両耳タイプで業界最小クラスのBluetoothステレオ・イヤホンが登場

写真拡大

ロジテック株式会社は、業界最小クラスの両耳カナルタイプBluetooth対応ワイヤレス・ステレオイヤホン『LBT-HP02』シリーズ3タイプを9月末から順次発売する。

用途に応じた3タイプを用意 『LBT-HP02』シリーズは、Bluetooth2.1+EDRに対応し、ワイヤレスで音楽などが楽しめるステレオイヤホンだ。平面が1.7cm×3.4cm、薄さ約0.6cmというコンパクトサイズに仕上げられており、重量も左右合わせて約9gと軽量である。

本製品は、Bluetoothのオーディオプロファイル(A2DP)、ハンズフリー通話プロファイル(HSP/HFP)、著作権保護技術SCMS-Tに対応している。また、AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile)にも対応しているため、手元からの再生・停止はもちろん、曲送りの動作も可能だ。

本体内部には充電池が内蔵されており、音楽再生時間で約4時間、通話時間で約4.5時間、待ち受け時間で最大90時間のバッテリ容量が確保されている。

製品のバリエーションとして、携帯電話向けの『LBT-MPHP02』、Bluetoothに対応したオーディオ機器向けの『LBT-AVHP02』、PC向けの『LBT-PCHP02』がラインアップされている。

カラーバリエーションとして、ブラック、シルバー、ピンク、ゴールドの4色が用意される。なお、本製品を携帯電話で使用する場合には、音楽を聴きながらの待ち受け、着信の際の通話が可能だ。なお、価格はオープンとなっている。

Editor's eyes 携帯電話やAV機器、そしてPCと、使用する環境に合わせて製品を選べるのはなかなか斬新だ。コンパクトかつ軽量で、ステレオサウンドがワイヤレスで楽しめる本製品、音楽好きなら要チェックである。

▼外部リンク

ロジテック株式会社
リリース


■関連記事
業界最高の100lm/Wを超えるLED電球『ミニクリプトン形5.4W』
パナソニックがシンプルでエコな19V型ハイビジョン液晶テレビを発売
サンワサプライがワイヤレステンキー『NT-WL15UBK』を発売
USBガジェット・マニアも大満足の24ポートUSBハブが登場
プラネックスが「FF XIV」仕様の無線LANルータを発売