100917byronbay02.JPG


先週、突然思い立って豪州のバイロンベイに行ってきました。

ゴールドコーストまでジェットスターで(片道)25,000円という格安航空券をとって、ゴールドコーストからはレンタカー。約50分もハイウェイを走らせて到着したのは、バイロンベイ。そう、こここそは、知る人ぞ知る「スピリチュアル天国」なのです。

心、体、魂を癒したいと望む人や、そういうものに携わった仕事をしている人は、1度や訪れるべき場所。マッサージや占い、ヒーリング......たくさんのセラピーが受けられるところがいっぱいあるんです。

スピマニアな私は、セドナよりもこちらのほうが好き。セドナより、純粋に楽しめるので、ここに着いた途端、テンションが上がります。

さて今回の滞在中、何度も目にしたのが、「Crystal Castle(クリスタルキャッスル)」というチラシ。
 

4mはあろうかと思われる高さのアメジスト2本の間に像がある写真や、巨大な大仏、緑あふれる大自然の中で女性が歩く写真......。それらが、カフェで朝食をとっている時も、ホテル客室で休んでいる時も、何をしていてもそのチラシが目に飛びこんでくるんです。

でも時間ないし。いいや、また次回来た時にでも......。

帰国前日、街のヒーリングショップで、ストーンを購入しようとレジで会計をしていた時、

「あなた、クリスタルキャッスルに行ったほうがいいわよ」

と、お店の人に突然言われました(あとで気づきましたがこのお店は同じ経営でした)。

「ここから車で20分もあれば着くし。本もいっぱい、石もいっぱい。ひろい敷地内で本当に心身を癒せますよ」

と言われ、私はその時、確信しました。

導かれてる!

結局車を飛ばして到着した「クリスタルキャッスル」という場所は、街よりもうんと高い丘の上にあり(ひと山越えた感が......)、バイロンベイのビーチを見下ろすようにそびえ、広大な敷地に、ありえないほど沢山のストーンが置かれていました。


100917byronbay01.JPG


100917byronbay04.JPG


ストーンによっては、土に埋められたり、道の両脇に無造作におかれたり、本当に、その土地になじんでいました。

入口で、入場料12オーストラリアドル(約900円)を支払い、中へ。年間パスポートも売られています。

100917byronbay03.JPGえ、ここって、「スピリチュアルワールド」? スピリチュアルをテーマにしたテーマパークのような感じ(そんな軽いノリではもちろんありませんが......)。

マップ(PDF)を見るとわかりますが、すごい広さです。

訪れた人がそれぞれのエネルギーをチャージして、大地や宇宙と繋がる場所みたい。

同行者は、「ここ、何何!?」と興奮し、「確実に『何か目に見えないもの=エネルギー』に守られている」と言っていました。確かにこの世のものとは思えませんでした。

これまで世界中のヒーリングスポットに行きましたがここほど、ストーンがより光り輝き、その光がその周囲の空気を包みこみ、背景の美しい山々とあわせて、広大な何か、得体のしれないエネルギー体となっているようなところは初めて見ました。


100917byronbay05.JPG


魔女の帽子のような形をしたアメジスト等(巨大)、珍しいストーンもいっぱい。ストーンって、身につけるだけじゃなくて、見るだけでも本当に癒されるのね。ここ、世界一ストーンのエネルギーが溢れているところなのではないでしょうか。

きっと、また戻ってくる場所だと確信しました。


CRYSTAL CASTLE

(おおさきゆき)


■ あわせて読みたい
十五夜はムーンストーンで幸せ祈願
指を変えるだけで運勢がガラリと変わる!? 指輪でつくる気の流れ
ヒーリング効果に風水効果もプラスした新しい形のソルトランプ
プルフワお肌になるらしい人気美顔器にはパワーストーンが!
パワーストーンを浄化するタイミングって、どんなとき?
広島カープ前田健太投手、新色も発売されたパワーバランス&パワストブレスを愛用?
自宅に作ろう! 自分だけの「マイパワースポット」コンテスト