任天堂が「カセットに息ダメ」、スーパーマリオ25周年サイトで動画公開。

写真拡大

ファミコンでうまくゲームが立ち上がらないときやフリーズしたときなど、カセットにフーッと息を吹きかけてもう一度本体に挿し直す……というのは、ファミコン世代なら誰もがやっていた行為。しかし、これは「やってはいけない」と、任天堂がお知らせ動画で注意を呼び掛けている。

この動画は、現在テレビで放映中の「スーパーマリオ25周年キャンペーン」CMでカセットに息を吹きかけるシーンがあるため、「キャンペーンTVCMに関して任天堂からのお知らせ」という形で公開されたもの。次のような注意を文字とナレーションで促している。

「ファミリーコンピュータが発売されていた当時、カセットの金属端子部に息を吹きかけ、ほこりを飛ばす行為が全国的に広まりました。しかし、現在ではこの行為は、サビによる故障の原因となることが分かっております。」
「これはニンテンドーDSシリーズなど、金属端子を持つすべてのハードやソフトに共通することですので、端子部に息を吹きかけないようにしてください」
「ほこりや汚れが気にかかる場合は、別売りのクリーニングセットをご利用いただきますようお願い申し上げます」

ファミコンで遊んだ子どもの頃のクセで、ついついニンテンドーDSのカートリッジなどにフーッとしてしまう人もいるかもしれないが、これは御法度。故障の原因を作らないためにも、任天堂からの注意をしっかりと覚えておきたいところだ。